獣医師広報板ニュース

意見交換掲示板過去発言No.0000-200302-237

天邪鬼さんへ
投稿日 2003年2月22日(土)01時47分 KAN&哲

>病気やけが等で、これ以上命をつないでもただ時間が過ぎるだけ、
 苦痛で本人を無意味に苦しめるだけ、・・・それを、
 飼い主が“みてられなくなった"ときがその時だと思います。
 たとえ、どんな状況であろうとも、飼い主がみたい、みてあげたい、
 手をつくしてあげたいと思っている間は、他人が勧めるような
 ことはすべきではない、そしてもう限界と飼い主がいったとき、
 無闇に拒否するようなことましてや非難することもすべきではない、
 と思うのですが...。

安楽死させる条件はまさにそのとおりだと思います。
治療の施しようがなくなった場合に(経済的な問題による場合も含めて)
安楽死させることは認められないといけないと思います。

>やはり、無責任なひとは捨てるか保健所を選択すると思います。
 ですから“あげくのはてに、動物病院で安楽死"という意味は
 私には理解できません。

私は、動物を保健所に持ち込む人が必ずしも無責任だとは思いません。
もちろん、中には無責任な人もいるでしょうが、
それなりの事情があり、よく考えた上でのことなのではないでしょうか。
(そうであると信じたいですね)
それと、“あげくのはてに、動物病院で安楽死"というところですが、
私は、一時だけの考えでペットを飼い、
やがて飼う気がなくなったために安楽死させる、、、と解釈したのですが、
いかがですか?

以前書いたことと重なりますが、動物病院はあくまでも治療の場です。
治療を続けることが困難な場合に安楽死させるのは、
ある意味では治療の一環でもあるので動物病院で行なうべきでしょうが、
単に飼えなくなったなどという場合に動物病院で安楽死させるのは、
獣医師に対して失礼だと思います。
それに、それは、天邪鬼さんのいう“殺処分"と
まったく同じことだと思うのですが、、、

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

サポーター:業界最大級の獣医師求人 株式会社TYL様のリンクバナー

サポーター:日本ベェツ・グループ 三鷹獣医科グループ&新座獣医科グループ 小宮山典寛様のリンクバナー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
◆モバイル◆
獣医師広報板
i-mode,au,soft-bank携帯対応獣医師広報板2D-code
docomo,au,soft-bank
スマートフォン対応
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンク広告募集サポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2019 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。