獣医師広報板ニュース

意見交換掲示板過去発言No.0000-200302-242

理解不能。しかし・・・
投稿日 2003年2月22日(土)14時12分 猫

>本当は最期をみとってあげたかったのに、病院でことごこく拒否されしかたなく、
保健所に・・・という方もいると思います

こちらの文章がどうも私には理解できません。
そんな事があり得るのか?、と。
獣医の先生が治療や延命処置を施して最終的に生命の存続が
難しい等の結論の末に安楽死の選択を飼い主に任せる(又は告げる)…ものだと
個人的には思っておりました。
(その様な理由以外で引き受ける先生が存在して欲しくない、
という思いもありますが)

どんな『理由』で獣医さんがことごとく、生命の存続が難しくなったコの
最終的な処置を引き受けて下さらないのでしょうか?

それは、死に近づいてもいないコを依頼人の勝手な、
『飼い続ける事が【都合】により難しくなった』生体の処分を頼むから、では
ないのではないですか。

・・・ただ。
特別な施設や場所でのおそらく一般的な解釈とは異なる場合。
最近TVで取り上げられているような
動物園や水族館のの閉園・館に伴い、大型動物の受け入れ先のないコ達の
行く末、等と言う問題は事実あるようですよね・・・。
この場合、一般人は介入の余地が無いに等しいです・・・
何か出来る事があれば、と思う心はありますが小さな力ではどうにも・・・。

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

サポーター:業界最大級の獣医師求人 株式会社TYL様のリンクバナー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
◆モバイル◆
獣医師広報板
i-mode,au,soft-bank携帯対応獣医師広報板2D-code
docomo,au,soft-bank
スマートフォン対応
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンク広告募集サポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2019 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。