獣医師広報板ニュース

意見交換掲示板過去発言No.0000-200302-28

子ハム
投稿日 2003年2月4日(火)00時25分 はたの

獣医師ではありませんがご参考まで。かつ、もう手遅れかもしれませんが(ただ、げっ歯類の子は妙に長持ちもしますので・・・)

 今後のことを考えたら、放置が一番とは思います。いま生き残っている子はあきらめて、今後に期待、と。

 が、いま生き残っている子の生存を最優先するのなら、留守の時間が長くても人工哺乳は可能です。げっ歯類は授乳の頻度が低い(日に1から2回)なので、乳さえ胃に届けられれば、夜一回、あるいは朝夜の2回でなんとかなります。
 
 乳はイヌネコ用の粉ミルクを。規定よりやや濃く。「やや」は適当に。薄ければ栄養が不足し、過剰な水分で下痢をして衰弱死につながり、濃ければ脱水しますが・・・。ただ、生き延びる個体は適当でもOKで、ダメな子は気遣ってもダメという感じではあります。

 哺乳瓶としては注射器とイカの足先を。
 注射器は獣医師のところで譲ってもらうなり、画材店などで購入するなり。針は18〜20番ぐらい。先端をヤスリで丸めます。
 冷凍でいいのでイカを買い込みます。使うのは足先です。先端を切り落とします。筒状になっているはずです。それを針の長さ+2〜3ミリに切り、針にかぶせて使います。

 適宜に溶いた乳を注射器に吸い、腹ばいにおいた子の首筋をつまんで顔をあげさせて口からイカの足でカバーされた針を差し込みます。強く吸うのなら浅くして、すうのにあわせてゆっくりと注射器の内筒をおして乳を出して飲ませます。
 すわないようなら、胃まで差し込んで乳を注入します。
 このとき、多すぎると吐いて、吐いたものが気管に入って誤飲性肺炎などで死んでしまうので控えめに。横腹にミルクが透けて見えますので、少なめから少しずつ増やして調整してください。少なめでも生きていれば、成長不良は取り戻し得るので、多すぎるよりマシです。

 多少面倒ですし、そこそこ器用でないと厳しくはありますが、少なくとも私自身は、中学時分にぶっつけ本番で試みてかなり救命できたので、特別な専門知識なくとも不可能とは思いません。子がまだ生きているのならチャレンジしてみてもいいかと。

 ただ、繰り返しますが、安定した繁殖を望むのなら、親の「授業料」として子の命をあきらめるのがリーズナブルとは思います。

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

サポーター:業界最大級の獣医師求人 株式会社TYL様のリンクバナー

サポーター:日本ベェツ・グループ 三鷹獣医科グループ&新座獣医科グループ 小宮山典寛様のリンクバナー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
◆モバイル◆
獣医師広報板
i-mode,au,soft-bank携帯対応獣医師広報板2D-code
docomo,au,soft-bank
スマートフォン対応
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンク広告募集サポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2019 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。