獣医師広報板ニュース

意見交換掲示板過去発言No.0000-200302-308

Re 開放骨折
投稿日 2003年2月27日(木)23時49分 タヌ

獣医師のタヌともうします。マル様、猫さんなのでしょうか?骨折されたことは
大変お気の毒なことだとおもいます。ところでこの場では実際の状況をみておりません
のではっきりとしたことは申しあげれませんが。参考までに聞いてください。開放
骨折の場合はすでに汚染が発生していますので化膿することは十分に考えられます。
骨が感染した場合は非常に対処するのがむずかしくなります。それは抗生剤の効きとても
悪い場所だからです。その場合は骨を切断することにもなりえます。ただ汚染の度合い
や生体の状態などいろんな要素が絡んできますので一概にはなんとも言えるものではありません。
また関節に近ければ近いほどオペの難易度は上がると御思いください。オペの方法
も色々なオプションが取れますので担当の先生とよく話をされると良いとおもいます。
ちなみに骨折のオペはピン、プレート、創外固定、ワイヤーなど場所、折れ方、年齢その他の要素
でいろいろです。現状を見ていない者では何が良いかは判断できません。
あまり参考になってませんね。すみません。ただ、どうしたいかは飼主サンの意図が
尊重されるべきだと思います。頑張ってください。

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

サポーター:業界最大級の獣医師求人 株式会社TYL様のリンクバナー

サポーター:日本ベェツ・グループ 三鷹獣医科グループ&新座獣医科グループ 小宮山典寛様のリンクバナー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
◆モバイル◆
獣医師広報板
i-mode,au,soft-bank携帯対応獣医師広報板2D-code
docomo,au,soft-bank
スマートフォン対応
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンク広告募集サポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2019 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。