獣医師広報板ニュース

意見交換掲示板過去発言No.0000-200302-57

犬・猫の去勢・避妊についての私見>ゆっこさんへ
投稿日 2003年2月9日(日)12時50分 KAN&哲

私も犬や猫に対して去勢や避妊をすることには多少の疑問を持っています。
去勢も避妊も手術としてはとても簡単なものですが、やはり体に傷をつけることに変わりはないので、必ずしも安全ということはできませんし、動物の肉体的・精神的なストレスは相当なものだと思われます。それに、本人の意思とは関係なく手術をするなどということが許されていいのでしょうか。もしも人間に対してそんなことをしたら大きな問題となるでしょう。
しかし、去勢や避妊をすることによって、将来不要であるとして処分されてしまうことになるかもしれない動物たちを増やさないことができます。また、直接的なメリットとして、性行動に伴うトラブルを防止できますし、生殖器系の病気を予防することもできます(ただし、雌犬の乳腺腫瘍に関しては、初回発情以前に避妊をしないと発生率に差がなくなるという研究結果があるそうです)。
繁殖の予定がないのでしたら、メリットとデメリットをよく考えた上で、手術をするかどうかお決めになることをお勧めします。

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

サポーター:業界最大級の獣医師求人 株式会社TYL様のリンクバナー

サポーター:OrangeCafe様のリンクバナー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
◆モバイル◆
獣医師広報板
i-mode,au,soft-bank携帯対応獣医師広報板2D-code
docomo,au,soft-bank
スマートフォン対応
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンク広告募集サポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2019 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。