獣医師広報板ニュース

意見交換掲示板過去発言No.0000-200302-91

RE おしえて:チョコレート中毒
投稿日 2003年2月12日(水)02時52分 田口正行

チョコレート中毒はカフェインの仲間のテオブロミンなどによる興奮などを主潮とする状態とされています。
症状は循環器に関して言えば心拍数の増加とそれが過度になると心拍出量の減少を招きます。
また中枢症状としては興奮と、症状が重度の場合には、痙攣などもみられることがあるとされています。

今回の治療上の問題点と言われている強心剤ですが、何を使われていたのかによって考えが違って来ます。
飼い主の方に分かりやすい事を考えてステロイドなどを強心剤と表現されている事もあるからです。
むしろ、後から診察されている先生が始めの先生の治療内容をきちんと把握されているのかが気になります。
どちらの先生も診察時間外での診察をしてくれていますので、決して悪い先生では無いと思います。
病気の原因は誤食だったことを考慮に入れられて、もう一度二人の先生にこれからの対処法などを相談されては如何でしょうか?

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

サポーター:業界最大級の獣医師求人 株式会社TYL様のリンクバナー

サポーター:OrangeCafe様のリンクバナー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
◆モバイル◆
獣医師広報板
i-mode,au,soft-bank携帯対応獣医師広報板2D-code
docomo,au,soft-bank
スマートフォン対応
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンク広告募集サポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2019 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。