獣医師広報板ニュース

意見交換掲示板過去発言No.0000-200304-9

RE:去勢手術時の麻酔について>みさきさんへ
投稿日 2003年4月2日(水)22時38分 KAN&哲

ご存じのように、全身麻酔には吸入麻酔と注射麻酔があります。
吸入麻酔は麻酔の深度が比較的自由に調節できるため、
麻酔薬の量が多すぎることによる事故の可能性が低くなります。
しかし、麻酔薬そのものが高価で、専用の装置が必要なため、
個人病院などでは使わないところもあります。
注射麻酔は特別な装置がいらず、
薬剤も比較的安価なのでよく使われますが、
いったん注射してしまうと麻酔深度の調節が難しいので、
麻酔事故の危険性が高くなります。
ちなみに、全身麻酔の場合は静脈内注射です。
筋肉内注射は局所麻酔であり、
動物の場合は局所麻酔だけで手術を行なうのは難しいので、
おそらく全身麻酔と併用するということになると思います。
いずれの麻酔も、薬剤の種類や量によって違いはありますが、
体にとって多少なりとも悪い影響があります。
なお、麻酔がかかるとき、麻酔から覚めるときは
奇声というか悲しげな感じの声を出しますし、
いかにも苦しげに暴れたりします。
なぜそのようになるのか、私には本当のところは分かりませんが、
やはり苦しいからなのではないでしょうか。

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

サポーター:業界最大級の獣医師求人 株式会社TYL様のリンクバナー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
◆モバイル◆
獣医師広報板
i-mode,au,soft-bank携帯対応獣医師広報板2D-code
docomo,au,soft-bank
スマートフォン対応
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンク広告募集サポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2019 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。