獣医師広報板ニュース

意見交換掲示板過去発言No.0000-200308-158

ウサギの緑色のうんち
投稿日 2003年8月18日(月)21時30分 湖正

春過ぎに小学5年になる飼育委員の弟が、学校から他の子が巣穴から出してしまったと言う子ウサギを
(ハムスターサイズ)連れて帰ってきました。そのウサギは目は開いておらず、
毛も2mm程度しか生えていませんでした。初心者の考えで1度人間が触ってしまったら、
親は子供を殺してしまうのではと考え、面倒を見る事になったのですが、
5日目の晩、緑色をしたうんちをしていたので、翌日獣医に連れて行こうと思っていたのですが、
翌朝、死んでしまいました。わずかながらちゃんと餌もミルクも食べていたのですが、
日に日に痩せていって、最後は骨が見える位になっていました。
やはり、1度人間が触ったとしても巣に帰す方が良かったのでしょうか?
弟も気になっていて、調べたのですが緑色のうんちは見つからず、書き込む事にしました。
緑色うんちに関する事と、このケース場合他に対処の仕方があったなら是非教えてほしいのですが、
よろしくお願いします。

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペット健康館 - 犬猫用の健康サプリメントの販売、ワンダードリーム様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
◆モバイル◆
獣医師広報板
i-mode,au,soft-bank携帯対応獣医師広報板2D-code
docomo,au,soft-bank
スマートフォン対応
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンク広告募集サポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2018 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。