獣医師広報板ニュース

意見交換掲示板過去発言No.0000-200411-101

KA 様 > ワクチンとアレルギーの件
投稿日 2004年11月12日(金)10時57分 投稿者 ならちゃん

横から口を挟むのもなんですが、ちょっと読み違えてらっしゃるように見えたので。

KA様が引用されているプロキオンさんの一文ですが、その部分だけ抜き出してしまうと
本来の意味と違うとらえ方になってしまいます。

原文では

>私達臨床家は、最近、どうもアレルギーをもっている犬や猫が増えている
>ように感じています。その点はワクチンのアレルギーについても言えます。
>ただ、統計上は有意差なしとされておりますが、やはりある特定に犬の品
>種に多く見られるように感じています。犬の種類の流行に応じて、その盛
>衰が見られますが、アレルギー体質をもつ犬がなんの配慮もされないまま
>にその遺伝子を拡散させてしまっているのかもしれません。もし、そうい
>うことが遠因となっているのであれば、今回の誤懸念の事項は、ワクチン
>のせいではなく、犬のブリーディングのあり方と言い換えた方がよいのか
>もしれません。

となっています。
つまり臨床の現場で感じておられる現状から、現実問題としてアレルギー症状を
もった個体が増えてきており、それもある特定の犬種に偏りが見られる。
この事実から、もしかするとある種のブリーディング環境に置いてはそのような
遺伝的疾患について配慮されない交配が行われているのではないか?

ということだと読み取れますので、決してブリーダに対する暴言ではないと思います。

実際に有名なものとしては一時期のゴールデンレトリーバーが流行した時に多かった股関節形成不全なども、同じ原因(ブリーディングのあり方)と言われていますよね。
今はそれが他の犬種や疾患として目に見えてきていると言うことだと思います。

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

サポーター:業界最大級の獣医師求人 株式会社TYL様のリンクバナー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
◆モバイル◆
獣医師広報板
i-mode,au,soft-bank携帯対応獣医師広報板2D-code
docomo,au,soft-bank
スマートフォン対応
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンク広告募集サポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2019 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。