獣医師広報板ニュース

意見交換掲示板過去発言No.0000-200411-140

RE:不妊手術の術前検査part2
投稿日 2004年11月15日(月)17時40分 投稿者 ケリー70

セーラママさんへ

獣医師のケリー70です。
避妊手術の術前検査ですが、どこまで行うかは各病院でそれぞれだと思います。
セーラママさんが通う病院の先生がいうように、若い子で特に一般状態に問題がなければ視診や問診、触診といった範囲で診察し、特に血液検査などは行わない場合もあるようです。もちろん血液検査やその他の検査でなければ見抜けない病気もありますが、それは本当に割合として少ないのです。
そして、避妊や去勢手術の場合、今まで、多くの飼い主は経済的な負担ができるだけ軽くすむようにと望んでいることが多かったので(もちろん今でも「そちらの病院では避妊手術はおいくらですか?」という電話はたくさんありますが)、ごくごく発生の少ない病気のために数千円の検査をするよりも、その分費用を抑えたほうが良いという考え方もたくさんあり、そういったことから術前の検査をできるだけ省略しているのだと思います。
もちろんインフォームドコンセントという言葉が使われるようになってからは、そういったことも飼い主さんの了解の上で行うべきだとは思いますが。

また、いろいろ獣医さんに尋ねたいということですが、Patr1で書かれているように信頼に足る先生であれば存分に尋ねればよいと思いますよ。先生を信頼した上でのお尋ねごとであればそれを嫌がる先生はいないと思います。逆にいざ全身麻酔の開腹手術を受けさせることに同意するときに「私は素人で何も知りませんから」では困ります。きちんと納得した上で受けるべきですから。

もし先生とお話しされて、よくわからないことや、聞きづらかったことなどがあればまた書き込んでみてください。

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

サポーター:業界最大級の獣医師求人 株式会社TYL様のリンクバナー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
◆モバイル◆
獣医師広報板
i-mode,au,soft-bank携帯対応獣医師広報板2D-code
docomo,au,soft-bank
スマートフォン対応
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンク広告募集サポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2019 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。