獣医師広報板ニュース

意見交換掲示板過去発言No.0000-200411-143

11月4日のわらさん、乳び胸について
投稿日 2004年11月16日(火)07時45分 投稿者 ナディア

日にちが経っているので病状が心配ですが、乳び治療経験者のナディアです。まだ、こちらを見てくれているでしょうか…
まず最初に、溜まった液を抜く処置の時に麻酔はかけません。それが死に繋がる危険性が大だからです。私の愛犬の時は麻酔無しで毎回抜く処置をしていました。じっと我慢してる時もありましたが、回数を重ねると痛さが解っているから、嫌がり何人かで押さえこまなければならない時もありました。大型犬でしたから。抜けば肺が広がるので楽になりますが、リンパ液の漏れている胸管の亀裂が塞がらない限り、抜いても溜まるの繰り返しです。抜く処置を繰り返してるうちに治った症例もあると聞いてますが、乳び胸そのものの症例数が非常な少ないので、確かな治療法がまだ無いです。また、病気は知っていても手掛けた先生も非常に少ないと聞いています。徹底した低カロリーの食事療法と溜まったら抜くの繰り返しです。愛犬の場合、大学病院で、たまたま乳び胸を手掛けた先生に巡り合えたので、テラマイシン注入や血液注入の治療等を行いましたが、効果は無かったです。
簡単に書き込みしましたが、乳び胸の治療は犬にとっては肉体的・精神的に、飼い主には精神的に辛いものです。わらさんの愛犬の今の容態はどうなっているのでしょうか?危険な状態のようでしたので心配です。

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

サポーター:業界最大級の獣医師求人 株式会社TYL様のリンクバナー

サポーター:日本ベェツ・グループ 三鷹獣医科グループ&新座獣医科グループ 小宮山典寛様のリンクバナー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
◆モバイル◆
獣医師広報板
i-mode,au,soft-bank携帯対応獣医師広報板2D-code
docomo,au,soft-bank
スマートフォン対応
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンク広告募集サポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2019 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。