獣医師広報板ニュース

意見交換掲示板過去発言No.0000-200411-152

猫の体内で起っている事。
投稿日 2004年11月16日(火)21時13分 投稿者 ZIGGY

初めて書き込みます。うちの猫は♂で8歳説と9歳説があるんですが、多分8歳です。もともと大柄ですが、マンション暮らしで運動不足なのか、それ程野放図にご飯を与えてもいないのにどんどん大きくなって最盛期は12キロ近くありました。半年ほど前から頻繁にもどすようになり、食べ物が無くても胃液をもどすようになり、そのうちついに血を吐くようになりました。病院ではレントゲンの結果も、胃カメラの結果も
ハッキリした病巣は発見できず、「アレルギー性の内臓疾患」の様だ、と診断されました。フードをそれ用の医療食にかえ、食欲も殆どなくなっていたのでステロイドの薬を注射しました。これがてきめんに効きました。その後は何回か注射を射ち、錠剤に切り替えました。注射を射つと食欲も出て、もどさなくなるのですが、錠剤に切り替えると効きがいまいちらしく、だんだん食欲が減っていきます。これ以上食べないと死ぬんじゃないか…とゆう状況になるとまた注射を射ちます。また一見元気になって食べるようになるのですが、10日ぐらいするとまた食欲が減っていきます。先生もステロイドの長期使用はなるべく避けたい…と言っていますが、今のところ注射→錠剤→食欲激減→注射の循環になっています。今現在は二週間ほど前にやはり注射を射ち、食べるようになりましたが、その後食欲が落ちてきたので毎日錠剤を与えていますがフードはほとんど食べなくてグッタリしています。気のせいか歩き方もヨレヨレして見えます。これまでの流れから言えばまた注射を射つ事になると思いますが、果たしてこれを続けていていいものか…と考えてしまいます。先生もはっきりは言いませんがチョット手詰まりな感じが伝わってくるような気がします。体重は今では7キロ半ぐらいまで減りましたが、健康的に減った、とゆうよりは食べないので減ったんですね。注射すると一時的に普通になるのでつい嬉しくなってしまいますが、冷静に考えると一時しのぎ的な感が否めず、根本的な部分が良い方に向かっているとは考えにくい状況です。一時的に体力が戻った状態で何かしら思い切った検査をするとか、最悪開腹して調べてもらうべきなのか…とか考えてしまいます。先生はそうゆう方法はあまりお勧めしない、猫への負担も大きい。と言います。もちろん苦しい思いをさせたいとは思いませんが……う〜ん、なんだかよく解りません。もう彼は以前のようにピンピン元気になる…とは考えない方がいいんでしょうか?薬が効く間だけ生きて、その後は…とゆう事なのでしょうか?もうステロイドの副作用を気に懸けてるような段階ではないのかもしれません。同じような症状の子がいるかと思って皆さんの書き込みを読んでたんですが私もいま気になってる事を吐き出したくなって思わず書き込んでしまいました。随分長くなってすみません。なんでもいいので声を掛けていただけたら嬉しいです。それではまた。

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

サポーター:業界最大級の獣医師求人 株式会社TYL様のリンクバナー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
◆モバイル◆
獣医師広報板
i-mode,au,soft-bank携帯対応獣医師広報板2D-code
docomo,au,soft-bank
スマートフォン対応
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンク広告募集サポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2019 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。