獣医師広報板ニュース

意見交換掲示板過去発言No.0000-200411-155

RE:11月4日のわらさん、乳び胸について
投稿日 2004年11月16日(火)22時48分 投稿者 わら

ナディアさん、情報とご心配いただきありがとうございます。
実は、掲示板に載せた翌日早朝に私の愛犬は旅立ちました。
私の愛犬は残念ながら、液を抜くことも原因(突発性なのか腫瘍によるものなのか)もわからないまま旅立ってしまいましたが、今後、同じ病気で苦しみ悩む方のためにと思い、掲示板は今日まで削除をせずにいました。
ナディアさんから助言をいただきとても感謝しています。

乳び胸を治療している方の愛犬(ダックス)日記サイトに、麻酔はしないで液を抜くときがあると書いてあったですが、小型犬だからと思っていました。
麻酔をしないで抜くという選択もあったのですね。
私の愛犬の担当の獣医さんからは、心臓の近くに針を刺すのに犬が動くのは危険を伴
うこと、犬に傷みを与えないことの理由から麻酔をするとの説明がありました。

私自身HPで見つけた文献を下記に記載します。獣医雑誌なので、内容も専門的で一般書店では手に入れるのは困難かと思いますが、参考までに。乳び胸に苦しむ愛犬と飼い主と獣医さんのお役に少しでもたてればと思います。
「SURGEON(サージャン)」39号 出版:インターズー 2003年5月1日 6800円
  乳び胸の治療法
「MVM NO.70 IN PRACTICE 2003」 出版:ファームパレス 2003年 6500円
  犬と猫の乳び胸の診断と治療


◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

サポーター:業界最大級の獣医師求人 株式会社TYL様のリンクバナー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
◆モバイル◆
獣医師広報板
i-mode,au,soft-bank携帯対応獣医師広報板2D-code
docomo,au,soft-bank
スマートフォン対応
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンク広告募集サポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2019 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。