獣医師広報板ニュース

意見交換掲示板過去発言No.0000-200411-157

RE:猫の体内で起っている事
投稿日 2004年11月16日(火)23時12分 投稿者 ケリー70

ZIGGYさんへ

獣医師のケリー70です。
胃カメラの検査も行ったということですので、私の経験しているよく似た経過をたどっている猫ちゃんとは別の病気だと思いますが、その子は好酸球性胃腸炎という病気で、これは胃カメラと生検という検査で診断がついたのですが、同じようにステロイドの注射にはよく反応するのですが、飲み薬はほとんど効果ありません。そして現在まで1週間から2週間に1回の間隔でステロイドの注射を行っていますが、およそ3年間、特に副作用と思われる所見もなく元気に過ごしています。
また難治性の口内炎でも同じような治療をして、特に問題なく過ごしている子もいます。
もちろん、ステロイドの長期使用はよくないどころか、避けるべきことで、獣医師の私が公に書き込むのは恥をさらすようなものなのですが、少しでも参考になればと思い、書き込ませてもらいました。

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

サポーター:業界最大級の獣医師求人 株式会社TYL様のリンクバナー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
◆モバイル◆
獣医師広報板
i-mode,au,soft-bank携帯対応獣医師広報板2D-code
docomo,au,soft-bank
スマートフォン対応
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンク広告募集サポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2019 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。