獣医師広報板ニュース

意見交換掲示板過去発言No.0000-200411-174

大変悩んでいます。
投稿日 2004年11月18日(木)15時39分 投稿者 お願いします。

大変申し訳ありませんがこちらにも
書き込みさせてください。
はじめまして。
やっとの事でご相談できるところを見つけました。
実はうちの6歳のねこ(真っ白の雄で虚勢済み品種は判りません。捨てられていたのを育てたためです。)
のことです。
今週の月曜日の夕方いつもと様子が違って変だったので
(日曜までは全く変わらず普通でした。)
動物病院に診察に行きました。
その時は39.2℃ほどあったのと血液検査の結果
ALP 37U/L GPT 25U/L BUN 14mg/dl CRE1.3mg/dl
GLU 132mg/dl TP 7.3g/dl HCT 32.4% HGB 10.3g/dl
MCHC 31.8 g/dl WBC 20.4*10^6/ml GRANS 16.0*10^6/dl
L/M 4.4*10^6/dl PLT 361*10^6/ml
と言う結果になりました。
白血球の値がちょっと高めなので細菌類の感染症だろうとの事でした。
で、その時目の状態がよくないようだ。過去に緑内障を発症していた
かもしれないとも言われました。
で、処置をしていただいたき、その日は帰宅。
次の日に早朝に2度ほど朝、夕と2回ほど起こしました。
(月曜から火曜の夕まで食事、水は取りませんでした。)
火曜日も処置をしていただき強制でも良いから
食事を与えてくださいとの事。それと栄養状態が
よくなるとけいれんの回数が増えるかもと言われました。
すると、お医者さんがおっしゃったようにけいれんが3時間おきぐらいに
起こり始めました。 
食事のためか多少体力がついたのか判りませんがふらふらながら
歩いたりし出しましたが左の後ろ足の動きが緩慢で反時計回りにくるくる
回ります。 それと目の回りに猫じゃらしを振っても無反応です。
右耳の方も全くと言っていいほど動きがありません。(左耳は正常なようです。)左足の症状の方は今日病院に行く前に気付いたのでそのことを
質問しました。***病(病名は覚えていません。平たく言ったら血栓症の
様な物)の可能性があるが体温が今日は39.4℃ほど有り、左足の血流も
正常のようだ(あくまでも見て、触診しての感じですがとおっしゃってい
ましたが)。 それとけいれんをおこす原因はてんかんの可能性が高いと
言われました。発熱が引き金になって発祥したのではないかと言われました。
ここで質問ですがもし本当にてんかんの場合日常生活においてどの様な
事に注意したらいいのでしょうか?それと何らかの神経障害が起きたとして
視神経、右耳の聴力、左足の神経麻痺が同時に起きる事なんて可能性として
どの程度有るのでしょうか?日曜日まではちゃんと目も見えていたようで
天袋に飛び上ったり、本棚の上にジャンプしたりしていました。
これが急に見えなくなるなんて信じたくありません。ただ単に体力が
衰えていて無反応になっているだけだと思いたいのですが...

月曜日の朝 失禁、食事、飲料なし トイレなし
火曜日 朝〜夕方 食事 飲料 おしっこ、トイレなし(けいれん早朝、朝、 夕の数回)
火曜日 夕方 強制的に流動食を 与える。(けいれん3時間ほど起きに起き
る)
水曜日 朝、昼食流動食 夕方4時頃自力でウエット缶をえさを食べる。
    夜 2度ほど流動食を硬めにとかしてあたえる。 ウエット缶の
    えさも少々。
    この日の昼頃から時々自分が離れているのに気がつくとおびえた
    様になく(そばによってなでてやるとおさまる)
    猫じゃらしに反応しない。右耳の方で音をキャッチするべく
    耳が動かない。聞こえていない?
    反時計回りにぐるぐるまわる。(障害物が有るとその外周を反時計
    周りに回る。こたつの周り。)
    排尿、排便なし。
    どうか宜しくお願いします。

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

サポーター:業界最大級の獣医師求人 株式会社TYL様のリンクバナー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
◆モバイル◆
獣医師広報板
i-mode,au,soft-bank携帯対応獣医師広報板2D-code
docomo,au,soft-bank
スマートフォン対応
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンク広告募集サポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2019 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。