獣医師広報板ニュース

意見交換掲示板過去発言No.0000-200411-176

動物病院
投稿日 2004年11月18日(木)19時05分 投稿者 ぽてと

12歳で心臓弁膜症を発症し以後治療を受け、毎日お薬を欠かさずに飲み、半年に一度の血液検査、レントゲン、心電図で病気の進行を注意深く診て頂いてました。最近、腎臓の機能に加え肝臓も悪くなったと言われ、エコーで脾臓に3cmの腫瘍があり胆嚢の半分も陰があると言われ、手術を勧められていましたが 14歳という高齢での手術は避けたいと思いその旨伝えたところ全く手術をすることしかないとの見解でやむなく他の動物病院の受診を受け、手術はどうしても受けなくてはならないのかと相談したところ、その病院での血液検査は腎機能低下以外は正常でエコーの所見で腫瘍は見つけられず全く手術の必要はないと言われました。本当に驚きいったいどうなっているのだろう?と混乱しましたが他の病院を訪ね診察し、手術もせずにいけるとわかって本当に良かったと胸をなでおろしました。レントゲンを見せての説明もなく、エコーも見せられず、血液検査の結果が悪いと表になったものを見ただけでしたので絶対的に獣医さんを信じていたのが裏切られたのだと思うと残念でたまりません。今までいただいていたお薬も何かは全く分かりませんがそれさえも不安に思います。このような事はあってはならない事だと思います。恐ろしいことです。少しでも不審なことがあれば絶対的な信頼などないのだと思い他の病院をあたらないといけないと苦い経験で分かりました。

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

サポーター:業界最大級の獣医師求人 株式会社TYL様のリンクバナー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
◆モバイル◆
獣医師広報板
i-mode,au,soft-bank携帯対応獣医師広報板2D-code
docomo,au,soft-bank
スマートフォン対応
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンク広告募集サポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2019 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。