獣医師広報板ニュース

意見交換掲示板過去発言No.0000-200411-183

ミーコ
投稿日 2004年11月19日(金)13時24分 投稿者 TAMA

勤め先に迷い子猫がやってきて、かわいいから始めは軽い気持ちで缶詰を与えたりしていたのですが、子猫も「ここに来れば食べ物がもらえる」と思って、毎日私の元へ来るようになり、上司に「ここで飼ったらだめだ」としかられ、私は自宅へ連れて帰ろうと考えました。しかしうちにはすでにかなり高齢の猫が一匹おり、連れて帰る前にまず獣医さんに相談しようと、動物病院に電話したところ、獣医さんは、「すでに猫を飼っている場合は(しかも老猫となると)、拾った猫が病気を持っていたりした場合、老猫に病気がうつったりすると、免疫力も低下してるだろうから、子猫を持って帰るのはお勧めできません。」と言われました。私も、十数年連れ添った猫は大事なので、悩んだ結果、勤め先は車屋ということもあり、危ないと思い、私の自宅マンションの裏まで連れて帰り、たまにちょくちょく裏に餌を置いてやるようにしました。最近全く姿を見なくなったのですが、昨夜の夜中、子猫の鳴き声がしたのです。私はあの猫だとすぐわかりました。すぐに探しましたが、やはり姿はありませんでした。このところずっと子猫のことが気になり、どうしても私が世話してやりたいのですが、やはり家で飼ってやるのは難しいものなのでしょうか・・・?

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

サポーター:業界最大級の獣医師求人 株式会社TYL様のリンクバナー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
◆モバイル◆
獣医師広報板
i-mode,au,soft-bank携帯対応獣医師広報板2D-code
docomo,au,soft-bank
スマートフォン対応
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンク広告募集サポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2019 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。