獣医師広報板ニュース

意見交換掲示板過去発言No.0000-200411-216

突然の失明で・・・
投稿日 2004年11月24日(水)19時24分 投稿者 ほま

こんにちわ。初めて投稿させて頂きます。

我が家の愛犬、シーズー(雌・11歳)の事で書かせて頂きます。

実は先週、ある日突然の失明をしてしまいました。

先週月曜日の夜、左黒目が赤色になっている事気付き
すぐに獣医に診てもらいに行きました。

目が弱い犬種という事で日々、傷つけたりしてないか事ある毎に目を見ていたので
そうなってから数時間以内に発見出来たとは思います。

眼圧が上がって、目の中に、赤いモヤモヤと白いモヤモヤがある状態でした。
赤いモノは出血したもの、白いものは目の奥にある水(液体)
それらが目の奥から前へ流れ出てきているものと説明を受けました。

その夜から、眼圧を下げるもの、炎症を抑えるものの、2つの飲み薬と
炎症を抑えるもの、感染からまもるものの、2つ点眼液での治療を開始しました。

ワンコの様子は、目が赤いっ!と思ったその時も
全く変わりなく元気で痛がる様子もない状態でした。
食事もいつも通り欲しがり、残さず同じペースで食べ
食べた後はいつも通り用を足し、ヌイグルミを持って遊びたがる様子。
でも悪化を恐れ、出来るだけ暗くして、寝かせるようにしておきました。

そんな2日を過ごした3日目の夜、6時間程、留守にして出かけた後
帰って来たら、もう一方の目にも同じ状態が現れており
既に、ワンコの様子は視力を失っているのがワタシからもはっきり分かりました。

慌ててすぐに病院へ。
もう一方の目も全く同じ状態である事を告げられました。
その日は、眼圧を下げる注射と高濃度のビタミンB注射を打ってもらい
やはり、先に貰っていた、のみ薬と点眼液での治療を続けるよう言われました。

2つの病院へ行きましたが原因はハッキリ判らないという事です。

診断結果と治療法は、後に診て貰った先生も先に診て貰った先生と
「同じ事しか言えないし、治療も同じモノになりますね」と言う事でした。

視力が回復するかしないかその答えは
「回復は望めません」「回復するかどちらとも言えません」
この2つです。

いったいウチのコの目は回復不可能なんでしょうか。
少しでも見えるようになるという可能性はないのでしょうか。

それ以来、ワンコは見えない事も手伝ってずーっとおとなしく寝ています。
11歳というと老犬なのでしょうが周りも子犬と間違うぐらい
ツヤもよく、足腰も丈夫で、全く老犬という言葉が当てはまらない元気な子でしたので
本人もワタシもすっかりヘコんでいる毎日です。

今の治療は6時間おきの点眼、12時間ごとの投薬です。
出来る限り抱き上げたり、揺れたり、興奮させたりしない様にしている生活。

こんな情報で説明になってるか分かりませんが
ご意見、お聞かせいただければ幸です。



◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

サポーター:業界最大級の獣医師求人 株式会社TYL様のリンクバナー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
◆モバイル◆
獣医師広報板
i-mode,au,soft-bank携帯対応獣医師広報板2D-code
docomo,au,soft-bank
スマートフォン対応
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンク広告募集サポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2019 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。