獣医師広報板ニュース

意見交換掲示板過去発言No.0000-200411-243

猫の体内で起こっていた事。
投稿日 2004年11月28日(日)18時43分 投稿者 ZIGGY

ケリー先生、みなさんこんにちは。11月16日、18日といずれも「猫の体内で起こっている事」のタイトルで投稿したZIGGYです。ケリー先生にはそのときの僕の気持ちを軽くしてくれるあたたかいコメントをいただきました。ありがとうございました。さて今日のタイトル、打ち間違いではありません。「猫の体内で起こってい(た)事」です。今朝方、うちの子が旅立ちました。ついにステロイドの注射にも反応しなくなり、立ち上がる事すら困難になり、あのきれい好きな子が自分でトイレにもいけなくなったと思ったら、あっとゆう間に逝ってしまいました。何もしていないと砕けそうになるのでこうしてメールを打っています。ちょっと前にペンネーム「飼い主」さんが、大変重い書き込みをしていらして
僕も(フンフン、ホントそうだよなぁ…)などと思いながら読んでいました。僕にとって今回が初のペットとのお別れです。予想以上でした。あの衝撃。なんでもするから生き還らせてくれ、と本気で思いますよ。普通ならまだ元気な歳(8歳)です。僕らは何が間違っていたんだろう?ってあれこれ考えてしまいます。どうしてタクヤは(彼の名はタクヤです)あんな病気に……って。でもこれじゃだめですね。後ろ向き過ぎますよね。学ぶ事は学ばなきゃですが、僕らが精一杯タクヤを愛したのはホントなんだから、もう彼が「痛みのない国」に行った事を喜んであげなきゃいけないですよね。彼がいたおかげで家の中が明るくなりました。楽しい事がたくさんありました。でも…僕はもうペットは飼わないでしょう。こんなにキツイなら……もういいです。すいません、辛気臭いですよね。立ち直ったらまた書きますね。なんか尻切れですが、今回はこれで失礼します。

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

サポーター:業界最大級の獣医師求人 株式会社TYL様のリンクバナー

サポーター:日本ベェツ・グループ 三鷹獣医科グループ&新座獣医科グループ 小宮山典寛様のリンクバナー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
◆モバイル◆
獣医師広報板
i-mode,au,soft-bank携帯対応獣医師広報板2D-code
docomo,au,soft-bank
スマートフォン対応
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンク広告募集サポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2019 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。