獣医師広報板ニュース

意見交換掲示板過去発言No.0000-200411-42

プロキオン様☆11/1フェレットの腫瘍(補足)
投稿日 2004年11月7日(日)22時54分 投稿者 ?朧?%

プロキオンさま、説明不足で申し訳ございませんでした。
すがるところがなく、同じ症例があれば少しでも情報が欲しくて、言葉足らずで本当に失礼いたしました。
腫瘍、正しくはおそらく腫瘍は針を刺しても膿が出ないので膿瘍ではなく、おそらく腫瘍、と言われました。 細胞を見る限りでは悪い細胞は見られないので今のところ悪性所見はない、ということです。 腫瘍がどこ由来なのか、摘出可能か、悪性か良性かは切ってみないとわからないと言われました。 診てもらっている先生は、・腫瘍は大きくもならないようだし、元気もあるのでこのまま様子を見る ・一部を切り取って病理検査に回す ・摘出する の3つから選んで下さいとのことで、素人にはどうすればよいのか・・・ 腫瘍がある以外はいたって元気なので、切ることにためらいがある(切除に失敗して状態が悪くなったら)反面、腫瘍が大きいこととこのままにしておいて悪化する(今は良性でも悪性に変わる)なら早く切らなくて後悔するのも、と複雑な心境です。 近くにフェレットを診れる先生がいないので、今診てもらっている先生はもっと詳しい先生に診てもらうことも示唆されました。(4 5時間かかりますが) 
摘出を希望するならこちら(今の先生)でもできます、とのことですが、お任せして摘出していただくか、他の先生に診てもらった方がよいのか(移動にかかるストレスも考えて)悩んでおります。 腫瘍に関して考えられることがありましたら、教えていただければ幸いです。

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

サポーター:業界最大級の獣医師求人 株式会社TYL様のリンクバナー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
◆モバイル◆
獣医師広報板
i-mode,au,soft-bank携帯対応獣医師広報板2D-code
docomo,au,soft-bank
スマートフォン対応
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンク広告募集サポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2019 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。