獣医師広報板ニュース

意見交換掲示板過去発言No.0000-200411-76

REこの場合はどうしたらいいのでしょうか
投稿日 2004年11月10日(水)16時24分 投稿者 Z

ご心境察するにあまりありますが、
あえて、キツイことを申しあげます...
どういう状況だったのかわからないので、
一般論・ひとつの見解としてお受け取りください。

犬が車に轢かれた....
もし、犬を放していたのなら、
結論からいえばやはり悪いのは飼い主さんです。
基本的に轢いたひとは悪くないと思います。
ですから、もし事故によって車が傷ついた場合、
その弁償も飼い主さんがすべきだと思います。

ほんとかどうかはわかりませんが、実際ある教習場では、
もし(小)動物が飛び出してきたらそのまま轢きなさいと
教えているようです。もし、急ブレーキ、急ハンドルを切ったら...
もっと大きな事故になりかねないからです。

実は私にも同じ経験があります...逃がしたばかりに
交通事故にあわせ亡くしてしまいました。
車はそのままいきました。

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

サポーター:業界最大級の獣医師求人 株式会社TYL様のリンクバナー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
◆モバイル◆
獣医師広報板
i-mode,au,soft-bank携帯対応獣医師広報板2D-code
docomo,au,soft-bank
スマートフォン対応
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンク広告募集サポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2019 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。