獣医師広報板ニュース

意見交換掲示板過去発言No.0000-200412-1

迷い犬のストレス
投稿日 2004年12月1日(水)00時28分 投稿者 おまる

はじめまして。みなさまのご意見を聞きたいと思い書きます。
私は犬を飼ったことがないのですが先日迷い犬を保護しました。
諸関連に連絡しましたが飼い主さんが出てこないため、預かるといってくれた方にお願いして飼い主を探しつつ、この1ヶ月のうち4箇所の家を転々としました。その間犬はずっと下痢で、ストレスだろうと言われました。結局飼主が出ないため実家に連れていったらずいぶんなついてくれて、少し下痢もよくなりこのまま飼おうと思ったのですが、飼った経験がある人のほうが本犬にとってよいだろうと判断して里親希望の方に渡しました。家族関係がやっとできた犬を渡すなんてかわいそうだと怒られたり、犬はちゃんとなれるといってくださった方もあり、どうしたらよいのかまだ迷っています。里親さんのところではまだ下痢が続いているそうで、こういう場合戻してやったほうがいいんでしょうか。それとも新しい環境になれていってくれるものでしょうか。心配ばかりしてしまいどうしてあげれば犬にとってよいかがわかりません。犬は柴犬で若くてあまえんぼうです。変な質問で申し訳ありません。犬の幸せに何がしてやれるかを知りたいです。どうぞよろしくお願いします。

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

サポーター:日本ベェツ・グループ 三鷹獣医科グループ&新座獣医科グループ 小宮山典寛様のリンクバナー

サポーター:業界最大級の獣医師求人 株式会社TYL様のリンクバナー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
◆モバイル◆
獣医師広報板
i-mode,au,soft-bank携帯対応獣医師広報板2D-code
docomo,au,soft-bank
スマートフォン対応
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンク広告募集サポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2020 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。