掲載期間:2018/05/07-2018/07/06
[広告]

獣医師広報板ニュース

意見交換掲示板過去発言No.0000-200906-5

Re3:義眼や眼球摘出のデメリット
投稿日 2009年6月2日(火)18時22分 投稿者 プロキオン

今、緑内障の手術の必要性にせまられているというお話ではないのですね。

>術後しばらくしてまた化膿や炎症その他再手術をしなければならない事柄がおこる可能性がそれぞれ 表面を残す義眼や眼球摘出によって起こることがあるのかということです。 手術したあとすぐのことではありません。

これは、比較しようが無いのではないでしょうか? どちらの手術もキチンと実施されて治癒というか術創がおちついた後のこととなると、手術との因果関係と絡めて考えるということにはならないと思います。
例をあげていただきましたが、これらは別の問題として考えるべきかと思います。再手術の必要性とおっしゃられても、それは私が言及すべきことがらではないようです。再手術が必要とされないように頑張って手術していただくという前提でのお話でないとちょっと困ってしまいます。むしろ、そういう意味合いからの質問でしたら、直接執刀される先生がどちらの手術を得意としているかという話と置き換えられてしかるべきかと考えますが。

なお、涙の分泌については、涙腺は眼球には存在しておらず眼瞼に存在しています。つまり、どちらの手術であろうと涙がでなくなるということではありません。どの程度瞬きをするとかいう頻度に関連すると思います。

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペット健康館 - 犬猫用の健康サプリメントの販売、ワンダードリーム様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

サポーター:ふぅ動物病院様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:OrangeCafe様のリンクバナー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
◆モバイル◆
獣医師広報板
i-mode,au,soft-bank携帯対応獣医師広報板2D-code
docomo,au,soft-bank
スマートフォン対応
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンク広告募集サポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2018 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。