獣医師広報板ニュース

意見交換掲示板過去発言No.0000-200906-79

Re:子猫のワクチンとフィラリア予防について
投稿日 2009年6月30日(火)09時51分 投稿者 けりーずはうす

>もう少し、お家になれて、落ち着いてから、生後3〜4か月になってからでも、
いいのでしょうか。

この、「家になれて」というのが、個体によって違いますからなんともはっきりと言明できないのですが
我々がよく飼い主さんにお話しするのは家になれるのは一週間くらいとしています。
また、本になぜ2ヶ月齢前後でワクチンを打ったほうが良いかは書かれていなかったでしょうか。
母親からもらった免疫が2ヶ月齢前後で切れるとされているからなのです。
その状態で1−2ヶ月過ごすのは危なっかしいといえます。

フィラリアについてですが、今後の飼育方法によって、しなければならないのかが違うと思います。
完全室内飼育であれば蚊に刺される機会は少なく、感染も心配ないでしょうが
外出自由になさるのであれば、地元の獣医師にその地域の猫のフィラリア感染率などをご相談なさりながらお決めになればよろしいかとおもいます。

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペット健康館 - 犬猫用の健康サプリメントの販売、ワンダードリーム様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

サポーター:とだ動物病院様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:迷い猫・迷子犬のポスター・チラシ制作代行 ねこてっくす様のリンクバナー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
◆モバイル◆
獣医師広報板
i-mode,au,soft-bank携帯対応獣医師広報板2D-code
docomo,au,soft-bank
スマートフォン対応
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンク広告募集サポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2018 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。