獣医師広報板ニュース

意見交換掲示板個別発言

Re:犬 リンパ腫?
投稿日 2017年1月15日(日)12時45分 投稿者 teckel

もはやいままでの病院では何もしてくれないとわかり
代替療法の病院に駆け込み腸の改善を試みました。
点滴での栄養補給のため入院したのですが翌日
呼吸が苦しくなり心肺停止となりました。
急いで駆け付けたのですが死に目に間に合わず後悔で押しつぶされそうな日々です。
最後の医師も最後の最後でレントゲンを撮り肺が白くなっていることがわかったそうです。
元々徐脈だったことを伝えてあり先日病院では心拍が120、帰宅後庭で排便をしようと
頑張っていた時には200近くになっていたように感じると伝えてもおりました。
ブレオマイシンの副作用なのでしょうか。
ステロイドを止めたいと急激に投与量を減らしたという判断でそれ以前の蓄積だったり
昨晩の元気からは、あるいは誤嚥だったのではないかとも考えてしまいます。
腸管のリンパ腫として診断されてからたった2ヶ月半の命でした。
飼い主である私の責任です、ほんとうに申し訳ない思いでいっぱいです。
そしてできればもう少し早く診断されていればという気持ちも残ってしまいます。

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペット健康館 - 犬猫用の健康サプリメントの販売、ワンダードリーム様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

サポーター:池田動物病院様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
◆モバイル◆
獣医師広報板
i-mode,au,soft-bank携帯対応獣医師広報板2D-code
docomo,au,soft-bank
スマートフォン対応
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンク広告募集サポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2017 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。