獣医師広報板ニュース

意見交換掲示板個別発言

Re:犬 リンパ腫?
投稿日 2017年1月22日(日)03時32分 投稿者 teckel

プロキオンさん、またお読みいただいてお返事をいただいたことに感謝いたします。
ですが、そういった意見がおありでしたら先に伝えていただきたかったというのが
飼い主としての気持ちなんです。
見守っていただき冥福を祈っていただいてほんとうにありがたく感じておりましたが
それでもありとあらゆる手段を考えたかった、現実を知りたかったという気持ちは
どうしても拭えずに極端な形かもしれませんがお返事をさせていただきました。

現時点ではsumireさんの意味不明で神経を逆なでする投稿に我を忘れておりまして
穏やかな気持ちで記入することができない状態です。

はい、なんとか犬を救える方法としましてネットで検索したのですが
リンパ腫に対する免疫療法につきましては病院ではできないと言われました。
ただ、別の病院ではリンパ腫でもできると明記しているところもありまして
相談には行ったのですが、とても動物病院とは思えない経営状態でして
先の病院ではむずかしいと言われた旨を伝えましたところ
そちらの病院でもむずかしいとの返答がありました。
もはやうちの犬には高度治療を施す状態ではなく
いかに楽にさせてあげるかの代替療法への方向になって行きました。

現実を見つめようとしてこの掲示板に投稿をしたのですが
亡くなってからどうのこうのと言われても私には理解ができません。
獣医という立場も少なからずは理解をしているつもりで
飼い主側のすべての気持ちを受取ることなどできないことも分かっております。
ただ、たしかに確定診断ができていないのだから迷うのも仕方がないんですよとか
先の病院でIBDの疑いでステロイド攻めになっていて大きな腫瘍もないのですから
どんな形であれ腸管がやられてしまって余命は長くない可能性があるとか
そう言っていただけるだけでも気持ちは和らいだんです。
迷って迷って、信じたいと思っている病院からも遠ざけられる状態でした。
距離は必要なことは理解しています。
ですが、状況が深刻になってから実は腸管リンパ腫は寿命が4〜6ヵ月と言われたり
(実際には診断されてから2ヵ月半で亡くなっています)
亡くなってからアドバイスをいただいてもなんでそんなことを言うのという気持ちです。
言うのだったら生きているうちに言ってください。
飼い主も深刻な状態なことは理解しておりましてそれはきちんと受け止めます。

あまりにも先のsumireさんの投稿が死人に鞭打つひどいものでしたので
プロキオンさんの投稿を冷静な気持ちで読むことができておりません。
その点を加味していただけますと幸いです。

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペット健康館 - 犬猫用の健康サプリメントの販売、ワンダードリーム様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

サポーター:ハイパージョイントセミナー(HJS)様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
◆モバイル◆
獣医師広報板
i-mode,au,soft-bank携帯対応獣医師広報板2D-code
docomo,au,soft-bank
スマートフォン対応
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンク広告募集サポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2017 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。