獣医師広報板ニュース

意見交換掲示板個別発言

Re3:ドッグフード100g中の粗蛋白質量について
投稿日 2017年2月7日(火)14時25分 投稿者 ジュリエッタ

ムクムクさん、プロキオンさん返答有難うございます。

今回の質問の件についてですが、あくまで現在健康な犬に対してで聞いています。(腎臓病や心臓病などで蛋白質量等制限する必要のない犬です)

現在、制限の必要が無い犬の場合でも運動量が少ない犬に高蛋白質を与え続けていれば何れは腎臓等に負担になって腎臓病などの疾患になってしまうのではないかという質問ですが、如何でしょうか?

余談ですが必ずといって良いほど獣医が推薦してくるロイヤルカナンなどのフードには酸化防止剤として発ガン物質が入っていますよね!

私共の犬にも当初はロイヤルカナンのニュータードケアを医師の勧めで与えていましたが、発がん物質が入っているという理由で、ロイヤルカナンは止めてしまい一般に販売されているフードを与えているのですが、実際ロイヤルカナンに入っている発ガン物質は長年与え続ける事により癌を発症するリスクはあるのでしょうか?

そうでなければロイヤルカナンにはカロリー抑えながらも見た目のボリュームは結構与えられる満腹感サポートスペシャルというフードがあり、沢山食べたい犬には適した商品なので良いのですがね!

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペット健康館 - 犬猫用の健康サプリメントの販売、ワンダードリーム様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

サポーター:ハイパージョイントセミナー(HJS)様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
◆モバイル◆
獣医師広報板
i-mode,au,soft-bank携帯対応獣医師広報板2D-code
docomo,au,soft-bank
スマートフォン対応
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンク広告募集サポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2017 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。