獣医師広報板ニュース

意見交換掲示板個別発言

Re4:ドッグフード100g中の粗蛋白質量について
投稿日 2017年2月8日(水)09時59分 投稿者 ムクムク e-mail: mukumuku★vets.ne.jp
(注意:メールの際は★を@に変更してください。)

やはり、ヒルズ社かロイヤルカナン社の食餌のプロに聞かれた方がいいと思うのですが、質問のしかたとして、〇〇キロの6才のイヌですが、腎臓に負担をかけない粗タンパク量は一日何グラムですかと聞かれたらいいと思います。
餌の構成比はそれでおのずと分かると思いますから。
なお、ロイヤルカナン社の製品に発がん物質が入っているという話は初めて聞きました。
食品を腐敗させないためとか、いい風味を保つために食品添加物が利用されます。
私は農業高校の畜産科出身でしたので、自分が育てた豚でハムを作ったことがありますが、食品添加物を利用しました。
しかし、利用法は肉〇〇キロに対して〇〇ミリグラムと正確に計量して使用しました。
そのような使用法をする限り、例えば人が毎日そのハムを10キロ、10年食べ続けなければ問題にならないというような条件となります。
つまり、食品はドッグフードを含めて食品添加物を使用しますが、常識的な摂取をしている限り安全な範囲の薬品量となるわけです。
そういう意味で、ロイヤルカナン社を含め一流のメーカーの製品には、私は信頼を置いています。

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペット健康館 - 犬猫用の健康サプリメントの販売、ワンダードリーム様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

サポーター:とだ動物病院様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
◆モバイル◆
獣医師広報板
i-mode,au,soft-bank携帯対応獣医師広報板2D-code
docomo,au,soft-bank
スマートフォン対応
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンク広告募集サポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2017 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。