獣医師広報板ニュース

意見交換掲示板個別発言

小型いきものへの執着
投稿日 2017年7月7日(金)15時07分 投稿者

一匹でさまよっていたところを捕獲され、処分される寸前に保護団体に救出された雑種の中型犬を譲り受けて4年になります。
現在5〜6歳と思われます。
毎日長い散歩をして人や犬に慣れてきました。お友達もたくさんでき、飼い主さんたちにもかわいがっていただいています。
しかしながらある種の猫、フェネックギツネやジャックラッセルテリアなどを見ると奇声を発してぴょんぴょん飛び上がって届こうとします。
飼い主さんが愛犬の鼻先にその子のお尻を近づけようものなら、あうんと口を開けてかじりつこうとします。
手がちぎれんばかりにリードをひっぱることでいつも難を逃れていますが、野生の本能が強すぎるのでしょうか?
犬のサイズを問わずほとんどのワンちゃんとは仲良くできるのですが、極めて限定された小型のいきものに接したときに急変します。
野生の本能が騒いだ時に沈める方法はあるでしょうか?
あるいは特殊な訓練方法があるでしょうか?

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペット健康館 - 犬猫用の健康サプリメントの販売、ワンダードリーム様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

サポーター:ふぅ動物病院様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
◆モバイル◆
獣医師広報板
i-mode,au,soft-bank携帯対応獣医師広報板2D-code
docomo,au,soft-bank
スマートフォン対応
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンク広告募集サポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2017 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。