獣医師広報板ニュース

意見交換掲示板個別発言

Re:犬の腎臓病とクッシング
投稿日 2017年7月10日(月)10時37分 投稿者 ムクムク e-mail: mukumuku★vets.ne.jp
(注意:メールの際は★を@に変更してください。)

犬のクッシング症候群については以下のページにうまくまとめられています。
http://www.pet-hospital.org/forvets-001.htm
1.「その時にクッシング検査はせず一ヶ月たってから検査したのは何か理由があるのでしょうか?」
 その先生の方針はその先生に聞いていただかないと、外野が想像でものを言っても良くないと思います。
2.私はクッシングの疑いもありますが、慢性腎不全の症状が出ているように思います。
 年齢が12才ですから慢性腎不全があっても不自然な年齢では無いので。
3.「事実上腎臓の治療はしなかったから今回腎臓の数値がここまであがってしまったのでしょうか?」
 分からないです。
 一生懸命、餌だけで無く点滴などの治療を行っても腎臓の数字が悪くなる犬も経験しています。
 逆に、餌対策をしなくても、検査値はあまり代わらない犬も経験しています。
何にしても、今は腎臓対策が大事なように感じます。
主治医の先生とよくご相談され、納得のいく治療が受けられればいいですね。

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペット健康館 - 犬猫用の健康サプリメントの販売、ワンダードリーム様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

サポーター:矢田獣医科病院様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
◆モバイル◆
獣医師広報板
i-mode,au,soft-bank携帯対応獣医師広報板2D-code
docomo,au,soft-bank
スマートフォン対応
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンク広告募集サポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2017 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。