獣医師広報板ニュース

意見交換掲示板個別発言

高齢権の慢性腎不全、透析で亡くなりました
投稿日 2017年8月31日(木)04時56分 投稿者 AI

初めまして、こんにちは。先日14年飼っていた愛犬が亡くなった事で、ご意見お伺いしたいです。
慢性腎不全でBUNが200を超え、透析できる病院に診察に行きました。
高齢で、心疾患もあった為、透析が無理なら連れて帰るつもりだったのですが、
診断の結果透析を勧められたので、承諾。
説明は書類を読み上げるだけで、特にリスクの説明は無く、
高齢で心臓の悪い子に勧め、リスクの話をしないという事は出来るのだろう、
専門医が勧めてくれるということは問題ないのだろうと思い、承諾しました。
死んでしまうかもしれません、看取れないかもしれません、という説明は一切ありませんでした。
結果、透析をしたその日に死んでしまいました。
説明は他の家族も聞いていたのですが、できるとばかり思っていたので、
あまりの事に呆然としました。
理由を聞いても、できると思ったからやったけど、死んでしまったと・・・

一般的に、このような状態の子に透析を勧めるというのはどういう事でしょうか

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペット健康館 - 犬猫用の健康サプリメントの販売、ワンダードリーム様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

サポーター:とだ動物病院様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
◆モバイル◆
獣医師広報板
i-mode,au,soft-bank携帯対応獣医師広報板2D-code
docomo,au,soft-bank
スマートフォン対応
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンク広告募集サポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2017 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。