掲載期間:2018/05/07-2018/07/06
[広告]

獣医師広報板ニュース

意見交換掲示板個別発言

Re:ヨダレと抗生物質
投稿日 2017年11月25日(土)09時29分 投稿者 ムクムク e-mail: mukumuku★vets.ne.jp
(注意:メールの際は★を@に変更してください。)

感受性テストは、動物の体の中で検査するわけでなく、実験室で検査します。
ですので、感受性テストで効果が期待できるとなっても、生体ではそれほどでもないケースは経験しています。
しかし、その薬しか無いとなればその薬を使用することを前提に獣医師は治療を考えます。
飼い主さんがご心配であるのなら、よく心配な件を獣医師と相談されたらいいと思います。
ご相談の「確実に効く」ですが、確実は誰も言えないと思います。
抗生剤でヨダレが出るかですが、出ることもあると思います。
例えば、苦いなどの刺激性に対する反応や、口腔細菌が減少してカンジダ症になることもまれにあります。
10才のウサギに麻酔をかけられることの心配ですが、当前リスク(危険性)はあると思います。
このあたりは、麻酔をかけて改善を予想されるメリットと、麻酔のデメリットを考慮して行うかどうか飼い主さんが決められることになります。
メリットデメリットをよく獣医師から説明を受けてください。

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペット健康館 - 犬猫用の健康サプリメントの販売、ワンダードリーム様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

サポーター:いせはら動物病院様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
◆モバイル◆
獣医師広報板
i-mode,au,soft-bank携帯対応獣医師広報板2D-code
docomo,au,soft-bank
スマートフォン対応
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンク広告募集サポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2018 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。