獣医師広報板ニュース

意見交換掲示板個別発言

検査を薦める獣医師への断り方
投稿日 2017年12月16日(土)15時55分 投稿者 ぽん子

12歳の犬が体調不良で下痢を繰り返しています。病院に行くと全身の精密検査を薦められるのですがどう断ったらいいのか分かりません。
診てもらっている獣医師には、だいぶ前に別の症状で病院に行ったときに、こちらから一度「もう老犬だから過度な治療はしません」と伝えましたが、時々具合が悪くて診察に行くと精密検査を薦められます。
それは求めていないのです。検査しないと適切な治療が出来ないとは分かっていますが、下痢を止めたいだけなのです。犬の下痢止めにはそんなにたくさんの種類があるのですか?あと、高いフードもお断りしたいです。
はっきり断ったらその後が心配で・・・。
言うべきですか? いっその事病院を変えてみた方がいいでしょうか?

経緯はこうです。長くなります。
12歳のポメラニアンの下痢が一定の期間を置いて続いています。元は知り合いの犬でしたが、私生活が忙しく、普通より手のかかる犬(異物食い)で、そこまで手が回らないということでうちで預かっています。おそらくうちで最期を看取ることになると思います。
元々の体重は5kg位でした。
二か月ほど前から時折下痢をしています。最初に下痢になった時に病院に連れていき、ご飯抜きを獣医師に薦められたのでその通りにしたら、その時は良くなりました。
しかし10日ほどでまた下痢をし、その度に一日絶食させていました。それを何度か繰り返しました。絶食で良くなっていたので獣医さんには連れていきませんでした。
四日前に再び下痢になり、吐きました。室内飼いでケージに入れていないので家族が交代で見張っていなければならず、頻繁で大変なので獣医さんに行きました。
下痢で出し切ってしまっていたので、便はかすかに採取できただけで、その中からも菌は見つからなかったそうです。体重は4.5kgに落ちていました。なので、断食をやめて、下痢止めと整腸剤のお薬と、お腹の弱い犬用のフードを処方されました。

以前から下痢の他にもめまいを起こして歩けなくなったりしていたので、病院に行く度に全身の精密検査を薦められるのですが、高齢ですし検査をして完治するかも分からないので、本来の飼い主の意向で手厚い治療はするつもりはありません。

その本来の飼い主に、今現状がこうこうで大変だと説明すると、「どういう検査をするのか、効果がありそうならやってみてもいい」と言われました。
今まで二匹の愛犬を見送ってきたので、動物の検査が確かなものではないと思っています。その上、本来の飼い主は治療に同行しません。正直言って、うちではこの犬に今以上の事は出来ません。

大変な犬なのです。口に入るものなら何でも食べてしまいます。手に届く食べ物なら当然、袋に入っている物でも、袋をかじって破いて食べる。カバンも開ける。腰より高い位置の物もジャンプして取る。ティッシュもほこりも自分のウンもうさぎ用の草も食べては吐くを何度もしてきました。のどに詰まらせて救急に行ったこともあります。
以前から知り合いが忙しい時に一時的に預かっていましたが、いなくなるとほっとしていました。ずっとうちにいるようになったのは2年前からです。
子犬の時から知っているので一定の情はありますが、今現在「心配」よりも「疲れた」という感情の方が上回っています。
犬が悪さをしたり失敗すると人間を責める家族がいるので家族内でも不和が起こっています。
本来の飼い主にはこの犬の面倒を見る余裕はありませんので返すこともできません。検査をしてもちゃんと治療費をくれるかどうかも分かりません。

昔、一番最初に飼った2kg未満の小型犬が亡くなるとき、別の獣医さんにかかっていて検査検査でブスブス注射されて血を抜かれて、大きな病院でMRIを薦められて受けるも結果も出ず、病院で入院中に死んで段ボールにそのまま入れられて渡されたことがあり、とても後悔しています。痛い思いばっかりさせて知らない場所で死なせたと。

全盛期のような元気さはありませんが、ぐったりしているわけではありません。普通に歩いて拾い食いして散歩に行きたいとクルクル回っています。
今12歳で、あと10年生きるわけではないのだから、精密検査せずに対症療法で済ますわけにはいかないんでしょうか?
あんまり何度も精密検査を薦められるのでそれも言いにくくなってきました・・・。

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペット健康館 - 犬猫用の健康サプリメントの販売、ワンダードリーム様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

サポーター:池田動物病院様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
◆モバイル◆
獣医師広報板
i-mode,au,soft-bank携帯対応獣医師広報板2D-code
docomo,au,soft-bank
スマートフォン対応
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンク広告募集サポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2018 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。