獣医師広報板ニュース

意見交換掲示板個別発言

岐阜の豚コレラ(4)
投稿日 2018年9月15日(土)10時08分 投稿者 プロキオン

初動防疫が杜撰でボロボロにもかかわらず、急いで終息宣言を出したいという意図が見え見えですね。
近隣住民に対する説明も方向違いで、今後のキャンペーンに言及するのは時期尚早と言えます。畜産業者以外の人間にとっては恐い病気ではないのですから、慌てずに包み隠さずに本当の事を言えば良いのです。自分たちの都合で物を申すので不信がられるのではないでしょうか。
周辺の農場で検査しても異常がないと報告していますが、8月から発生していたことを見逃していた県が実施した検査だということが響いていますね。
そして異常が見られていないと言っているそばから、猪の死体が発見されて豚コレラであったというのでは…

ウイルスがどこから来たのかは、とても重要な問題ですね。国は遺伝子の配列から東南アジアを疑っているようなのですが、その場合、昨日今日ということではないはずですから、下手に海外からなどと言わずに国内のどこにでもあるという体制で臨まなくてはならないはずです。
発生養豚場と岐阜県内への豚をはじめとする動物の移入があって、それが持ち込んだと確認できれば良いのですが、そういうわけにもいかないでしょうし、仮にそうであったのなら輸入検疫で見逃したことになってしまいます。
人間の移動に付随してウイルスが侵入してきたのであれば、宮崎の口蹄疫のときのように
どこから侵入したのかはあきらかにならないまま終わらざるを得ません。

すでに野生動物にまで感染していたわけですが、発生養豚場からウイルスが外部へ漏出したケースとそれと逆のケースも想定しておく必要もあります。
台湾の狂犬病と同じく何年か前にすでに侵入していて、これが養豚場へ入り込んだというケースです。こちらのケースですと養豚場だけでなく野外にウイルスが広く存在していることになり、面倒な話となります。

かかる状況下でとにかく終息宣言を出したいという姿勢は、不信を募らせるだけですし、次の発生があれば、それみたことかになりかねません。
腰を据えて正面から取り組む姿勢を見せることこそが大切なように思います。

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペット健康館 - 犬猫用の健康サプリメントの販売、ワンダードリーム様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

サポーター:日本ベェツ・グループ 三鷹獣医科グループ&新座獣医科グループ 小宮山典寛様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
◆モバイル◆
獣医師広報板
i-mode,au,soft-bank携帯対応獣医師広報板2D-code
docomo,au,soft-bank
スマートフォン対応
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンク広告募集サポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2018 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。