獣医師広報板ニュース

意見交換掲示板個別発言

Re:犬の避難手術による死亡
投稿日 2020年8月21日(金)22時15分 投稿者 ムクムク e-mail: mukumuku★vets.ne.jp
(注意:メールの際は★を@に変更してください。)

リンク先では以下のように記述されています。
https://minato-ohori.com/campaign/%e5%bd%93%e9%99%a2%e3%81%ae%e5%85%a8%e8%ba%ab%e9%ba%bb%e9%85%94%e3%81%ab%e5%af%be%e3%81%99%e3%82%8b%e8%80%83%e3%81%88%e6%96%b9/
>全身麻酔そのものが直接的な死因になってしまったという確率は、犬で0.1〜0.2%、猫では0.2〜0.3%と言われます。<
犬で0.1〜0.2%というのは500頭から1000頭に一頭となります。
私自身も町の獣医師ですが、必ず飼い主さんに1000頭に1頭くらいは麻酔で死亡しますと説明し、そのように説明を受けたとサインを手術前にいただいております。
一番高い避妊手術の死亡率は小笠原の野猫で2%だったと聞いています。
では人ではどうかというと以下のような記述があります。
https://www.oc-tokyo.com/blog/%E5%85%A8%E8%BA%AB%E9%BA%BB%E9%85%94%E6%89%8B%E8%A1%93%E3%81%AE%E3%83%AA%E3%82%B9%E3%82%AF.html
>麻酔をかけたことに起因する死亡率は麻酔科学会の調査によると、全身が健康であれば100万人に1人しかありません。<
つまり、人と犬猫では麻酔死の確率はかなり違うと言えます。
これについては、私は以下のように考えています。
人では術前に看護師さんが患者さんに「お加減はいかがでしょうか。」と聞けますよね。
頭が痛い、腹が痛いなど本人しか分からないことが、患者さん自ら言ってくれます。
でも犬猫は病気を隠します。
検査して異常が無くても、犬自身はとても辛い状況かもしれない。
この差は大きいと思っています。

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

サポーター:業界最大級の獣医師求人 株式会社TYL様のリンクバナー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
◆モバイル◆
獣医師広報板
i-mode,au,soft-bank携帯対応獣医師広報板2D-code
docomo,au,soft-bank
スマートフォン対応
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンク広告募集サポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2021 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。