掲載期間:2018/05/07-2018/07/06
[広告]

獣医師広報板ニュース

災害と動物掲示板個別発言

記憶されているべき日
投稿日 2015年6月4日(木)11時08分 投稿者 プロキオン

昨日6月3日は、雲仙普賢岳の火砕流から24年が経過しました。マスコミ人を入れて43名の死者が出ています。
昨今であれば、他人に迷惑をかけるなと言われてしまうのでしょうが、それでも現場の状況を伝えたいという気持ちで敢えて危険地帯に踏み込んだのでしょう。
危険を判断する能力に欠けていたのか? 一発当てようという意図があったのでしょうか?どのような意図があったにせよ、普賢岳で発生した事象が、当事者たちの想像をはるかに凌駕していました。 そこには尊い命も愚かな命も区別はありませんでした。

中東の危険地帯へ赴くジャーナリストがいて、その中には命を落とした人達もいます。それでも敢えて続く人達もいます。
そうしないと、そこで何が起きているのかを知る術がないからです。
「正義と正義がぶつかり合って、でも、そこで暮らしている人々がいる。そんな、人達の暮らしや命を奪う正義ってなんだろう。」シリアで命を落とされた山本美香さんの言葉を思い出します。

そして、今日は6月4日、天安門事件から26年が経過しました。おりしも、長江で観光船が転覆し400名を超える人達が船内に取り残されています。
中国政府は、この事故に対して報道規制を始めているようです。先年、中国版新幹線が脱線事故を起こした際にも報道規制が敷かれ、事故車両を一旦埋めてしまうということがありました。
そこで何が起きているのか、為されようとしているのかが分からないというのは、事故とは別の怖さを感じます。
26年前の天安門では学生達が、ラジオで必死にそこで今起きている事を伝えようとしていました。「私たちのことを忘れないでください。」海外メディアが捉えた最後の言葉でした。
おりしも、地震や火山活動が相次いでいますが、現場で何が起きているのか分からない、伝えられてこないは、何も海外に限った話ではないととくに感じるようになってきました。
 

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペット健康館 - 犬猫用の健康サプリメントの販売、ワンダードリーム様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

サポーター:日本ベェツ・グループ 三鷹獣医科グループ&新座獣医科グループ 小宮山典寛様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
◆モバイル◆
獣医師広報板
i-mode,au,soft-bank携帯対応獣医師広報板2D-code
docomo,au,soft-bank
スマートフォン対応
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンク広告募集サポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2018 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。