獣医師広報板ニュース

災害と動物掲示板個別発言

21年目の1月17日
投稿日 2016年1月18日(月)14時39分 投稿者 プロキオン

昨日、コメントを書き込もうとしたところへ姉からTEL。実家の父が倒れて隣家より連絡が入ったとのこと。
内容とすれば、病に倒れたというのではなく、文字通りの転倒でした。骨折で3ヶ月ほど入院していたので、筋肉の力が弱っていて、グラッとかズルっときても踏ん張りが利かなくなってしまっていたようです。

さて本題、新聞記事によると神戸の慰霊の行事がかつての半分にまで減少しているということです。
それぞれに主宰者の考えもあるでしょうから、一つ一つについては意見は控えるべきかと考えますが、昨年このスレッドに書いた内容を今一度読み返してみると、やはりこういう流れにならざるを得ないのかの感があります。
今年成人式を迎えた神戸の新成人たちにしてみれば、すでに体験していないのですよね。
私は戦後生まれの人間ですが、戦後20年(東京オリンピック)以前に生まれていても戦争を体験しておりませんし、語るべきものも持ち合わせていません。
神戸淡路のあの震災から20年の時がすぎてしまって、今神戸ではどれだけ震災の記憶が伝えられているのでしょうか?
人と人は何を伝え、どのように記憶を引き継いでいくのでしょうか?

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペット健康館 - 犬猫用の健康サプリメントの販売、ワンダードリーム様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
◆モバイル◆
獣医師広報板
i-mode,au,soft-bank携帯対応獣医師広報板2D-code
docomo,au,soft-bank
スマートフォン対応
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンク広告募集サポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2017 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。