獣医師広報板ニュース

ネコ掲示板過去発言No.1200-199805-21

サダラのママさん、ままねこさん、reeさんへ
投稿日 1998年5月13日(水)13時48分 寝子

みなさんそれぞれ大変な猫ちゃんをかかえてがんばってらっしゃるんですね。
私はもちろん趣味ですが(商売でやるもんじゃありません、猫の繁殖は!)
純血種の猫を繁殖しているので、もし我が家でウイルス性の感染症が発生したら「ハイ!それまでよ、チャンチャン」でお終いです。
FeLV(白血病)のワクチンについては、それなりに安全性が証明されていますが、FIPのワクチンは接種することによって発病するかもしれないロシアンルーレットのようなものだと聞いています。ある大学の先生に伺ったことがあるのですが、ウイルスフリーで代われていたSPFの猫の集団からいきなりFIP発病の猫が現れたことがあるそうです。それだけ訳のわかんない病気がFIPなのです。
人間のエイズも発病しなくなる薬が開発されたとか、もう少しだとか…
期待しましょう!それまで対処療法しかないけれど、できるだけストレスをかけないよう、かわいがってあげてくださいね。
昔、昔中学のころはよく捨て猫を拾って、きれいにしては友人や親戚に配って歩く、なんてことをしていました。一度拾った黒い子猫は、洗おうとお湯をかけると全身からサーッとノミが散らばって、危うく失神しかけたことがありました。結局その子猫は白かったんですけど。。。よくあれだけノミにたかられて死ななかったなあ。もちろん重度の貧血を起こしていましたが。
今やノミの退治薬もバンバン登場して、世の中暮らしやすくなったように見えるけど、果たしてその薬が安全かどうか?私の主治医にフロントラインの発ガン性について意見を求めたところ、「世の中にはもっともっと危険なものがいっぱいある。」と言われました。それもそうだと思いました。キャットフードだってどれだけ危険か!とか言いつつ、キャットフードに頼っている情けないブリーダーなのですが。。。。
reeさん、横隔膜ヘルニアと言われたと書いてありましたが、その子猫の胸は扁平で、普通なら湾曲しているあばら骨の角がカキッと曲がったような感じではないですか?もしそうなら、ロート胸と呼ばれる先天的な疾患で、なかなか手術は難しいと思います。そうでないことを祈っています。

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

サポーター:業界最大級の獣医師求人 株式会社TYL様のリンクバナー

サポーター:日本ベェツ・グループ 三鷹獣医科グループ&新座獣医科グループ 小宮山典寛様のリンクバナー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
◆モバイル◆
獣医師広報板
i-mode,au,soft-bank携帯対応獣医師広報板2D-code
docomo,au,soft-bank
スマートフォン対応
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンク広告募集サポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2019 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。