獣医師広報板ニュース

ネコ掲示板過去発言No.1200-199805-27

「意見交換」に書き込みをされたDREAMさんと佃さんへ
投稿日 1998年5月21日(木)12時50分 寝子

私は獣医師ではないのでこちらに書き込みをさてもらいますね。読んでいただけると良いのだけど。。。
DREAMさんの書き込みをされていた「しっぽにつくススのようなもの」は、きっとスタッドテイルという去勢手術をしていない雄猫に現れる症状だと思います。症状と言っても別に病気ではなく、健康で、(その気)ようするに女の子のことに興味がある雄猫だったら当然起きるものなので心配はいりません。ススのようなものがつくその前にしっぽはベタベタ油っぽい感じがしませんか?元々は、雄猫が雌猫の注意を引くために尾腺から放出される分泌物が原因で、周囲の毛が抜けてくることもあります。その分泌物が出てくる腺が詰まったりして、そこからの老廃物が黒いすすのように見えるのかもしれないし、ベタベタしているので、埃をつけやすくなっているのかもしれません。普通のシャンプーではなかなかきれいにならないし、スタッドテイル用のシャンプーも市販されていますが、きれいになった!と喜んでも次の日にはまたベタベタが始まります。これを防ぐ方法は、去勢手術しかありません。繁殖をする予定がないなら、獣医さんと相談して手術してやった方が猫のストレスも減って良いのでは、と私は思いますが…いかがですか?

佃さんの書かれていた猫の喉鳴らしがなぜ行われるのかを実際に科学的に立証したという話は聞いたことがないので、これはあくまで私の考えです。
母猫は子猫にお乳をやるとき必ず喉を鳴らしています。子猫はこの母猫のごろごろを子守歌のように聞きながらオッパイを飲んで育つわけです。ここにお母さんがいるよ、お母さんのオッパイはここだよ、今は安心していっぱい飲んでもいいんだよ、ごろごろのリズムは子猫にそう言っているように私には聞こえます。だからまず最初は安心したとき、うれしいとき、落ち着いたとき、のごろごろ。でもたまに怒ったときや、びっくりしたときにごろごろする変な子もいます。で、もう一つのごろごろはこれはなぜか私にはわかりませんが、身体が非常につらいとき、病気の時、死にそうなとき、やはりごろごろと喉を鳴らします。何でこんなにつらいのにごろごろならすんだろう、これは不思議です。ひょっとしたらごろごろ自分でならすリズムを聴きながら精神を安定させているのかな?お母さんに守られていたころのことを思い出しているのかな、なんて悲しくなりますが…。やっぱりごろごろは元気で甘えているときの方がいい音だと思います。

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

サポーター:業界最大級の獣医師求人 株式会社TYL様のリンクバナー

サポーター:日本ベェツ・グループ 三鷹獣医科グループ&新座獣医科グループ 小宮山典寛様のリンクバナー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
◆モバイル◆
獣医師広報板
i-mode,au,soft-bank携帯対応獣医師広報板2D-code
docomo,au,soft-bank
スマートフォン対応
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンク広告募集サポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2019 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。