獣医師広報板ニュース

ネコ掲示板過去発言No.1200-199805-33

あびさんへ
投稿日 1998年5月23日(土)21時38分 寝子

いろんなケースが考えられるので、何とも言えませんが・・・
その1.1ヶ月半というと離乳食がかなり進んできたころで、ペースト状のものや、缶詰を食べさせていると思いますが、単純に食べ物が口の周りにこびりついているだけかも。このペースト状の缶詰は結構やっかいで、食べた後身体や顔についたままにしておくと、皮膚炎の原因になります。お母さん猫が一緒にいればなめてきれいにしてくれるんですが、もし子猫だけで飼っている場合は、飼い主さんが蒸しタオルなどで拭いてやった方がよいと思います。
その2.もし口の周りが白い猫だった場合、色素が出てきて色が付いてきたと言うことも考えられます。最初は真っ白だった部分や、ピンク色の鼻にうす茶色のシミのような色素が出てきて、だんだん濃くなって終いにほくろのような模様になった猫を知っています。
その3.可能性がないとは言えないので書いておきますが、真菌などによる皮膚病の疑いもあります。もしそこを痒がるようだったり、赤くなってきて毛が抜けてくるようなことがあると早めに獣医さんに診せた方がよいと思います。
毛穴の汚れのような黒いブツブツが現れるのがもし顎であれば、そしてそれがもう少し月齢のいった猫であれば、人間で言うところのニキビのようなものである可能性があります。でも口の周り全体となると…難しいですね。もし気になるようだったらやっぱり先生に診てもらった方がいいと思いますよ。

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

サポーター:業界最大級の獣医師求人 株式会社TYL様のリンクバナー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
◆モバイル◆
獣医師広報板
i-mode,au,soft-bank携帯対応獣医師広報板2D-code
docomo,au,soft-bank
スマートフォン対応
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンク広告募集サポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2019 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。