獣医師広報板ニュース

ネコ掲示板過去発言No.1200-199805-37

ライさんへ
投稿日 1998年5月25日(月)13時04分 寝子

すっかりカワユクなってやんちゃぶりを発揮している子猫たちが目に浮かびます。
結局全部残すことになっちゃったんですね。その気持ち、よくわかります。
兄弟だからこそ似ているところや、全然違う部分が発見できて楽しいんですよね。
私一人が書き込んでいて、良いのかしら?と思うけど、お節介な寝子おばさんだと思って許してください。
ワクチンは生後8週目ごろに1回目を、12週目頃に2回目を、理想を言えば16週目頃に3回目を打ってやると安心できます。
ワクチン接種は、下痢をしていない・食欲のある子猫に変わったところが見られない日を選んでください。ワクチン後1週間はシャンプーや外出を避けた方が無難です。どうせならワクチンに行く日に検便や健康診断もしてもらうと安心ですよ。
日頃留守がちとのこと、これからの季節閉め切った部屋の温度は想像以上に上がります。熱暑病なんてかわいそうなことにならないように、エアコンがあれば高めの温度設定のドライを、ない場合は開けておいても泥棒の入れないような窓を2カ所以上(空気が流れるように)開けておいてやるなど、工夫してあげてください。
もし、タバコを吸われるなら吸い殻の始末は慎重に。子供と一緒で何でも口に入れて遊びたがります。観葉植物で中毒を起こすこともありますから注意してあげてください。
外に出さないで室内飼いされるとのこと、大賛成です。
色々な意見の方がいらっしゃるでしょうが、外のことを知らなければ知らないでそれなりに幸せな一生をおくれると思います。猫エイズや、白血病や、交通事故や誘拐や、外の世界は危険がいっぱいですものね。
後は、生後6−7ヶ月になったら獣医さんと相談して避妊・去勢手術を考えてください。兄弟だって発情が来れば雄と雌・短毛種の猫なら早い子で5ヶ月前に発情が来てしまいます。気づいたら子猫ができていた、なんてことにならないよう雄と雌の管理は気をつけてやってください。
お節介寝子より

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

サポーター:業界最大級の獣医師求人 株式会社TYL様のリンクバナー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
◆モバイル◆
獣医師広報板
i-mode,au,soft-bank携帯対応獣医師広報板2D-code
docomo,au,soft-bank
スマートフォン対応
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンク広告募集サポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2019 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。