獣医師広報板ニュース

ネコ掲示板過去発言No.1200-199807-28

MIKIさんへ
投稿日 1998年7月14日(火)22時23分 寝子

ごめんなさい。
自粛して、もう書き込むのはやめにしようと、決めた決意がたった3日で…
関係者の方、本当に申し訳ありません。
どうしても、今回のMIKIさんへはお返事を差し上げたくて…お許しください。

折れ耳同士での交配で、安全性が確認されたとの情報は一切入っていません。
それどころか、必ずというほどの高い確率で死亡する子猫がいると聞いています。

私はブリーダーとして、行った先で子猫がどのように育ったか、もしかして何らかの不幸があったとしても、その情報をいただければありがたいと思います。
でも前にも書きましたが、すべての人が、すべての情報を肯定的に受け取るとは限りません。

今から○○年前、初めて自分のお金で血統書付きの猫を有名なペットショップから購入しました。
その猫にはノミがついていて、お腹の中はありとあらゆる寄生虫でいっぱいでした。
私はそのショップの人が気づいていないので連絡してあげるのが親切だと思い、電話を入れましたが、その後はご想像通り、非常に不愉快なやりとりとなりました。
「猫にはノミがついていて当たり前なのだから…」から始まる…

そのブリーダーさんは果たして未だに折れ耳同士の交配の危険性に気づいておられないのでしょうか?
MIKIさんも書かれていたようにこれだけ猫の情報がたくさん発信されている中で、自分の繁殖する猫の記事に関心を持たず、その情報を知らないという方が考えにくいのではないでしょうか。

例えばそのブリーダーさんが、情報をご存じで、もしそのお父さんとお母さん猫の交配を中止していたら、MIKIさんが連絡を取られてもプラス思考のお話し合いがもてると思いますが、もしご自分のやっていることを正当化されるようであれば、MIKIさんにとって非常に不愉快な話し合いになると思います。
そのどちらであっても、冷静に話が出来ると思われるなら連絡をされた方がよいのでは?
あまりにも色々な考えのブリーダーさんと接しているので、このような曖昧な書き方しか出来ず申し訳ありません。ブリーダーさんはそれぞれ一国一城の主のようなものなのです。それぞれの方のところに、それぞれの考え方に基づく法律のようなものが存在するのです。それが自分の価値観と違うと感じたならば、そことはおつき合いをしないで、関わりを持たないようにするしかありません。

「その交配は間違っています」ではなく、『いただいた子猫はこのように育ち(X脚になり)、こうして死んでしまいました。折れ耳同士の交配は良くないと、本で読んだのですが、他の兄弟達はどうだったのですか?』程度の聞き方の方が良いのでは?
そしてどのような応えが返ってくるかで、そのブリーダーさんとの縁を続けるか、切るか決められてはいかがですか?
そのお母さん猫の美しさ、死んでしまったレオ君の面影を追う気持ちは分かりますが、あまり一人のブリーダーさんにこだわらない方が良いかも知れませんよ。
最初から自分の繁殖する猫のことをよく勉強せずに、折れ耳同士で繁殖を始めた方ですから…少し難しいお話し合いになるような気もしますし…

皆さんにお尋ねしたいことがあります。
もし血統書付きの純血種の猫を求める場合、一番重要に思われることはなんですか?
容姿でしょうか?
血統?
性格?
それとも健康?
どれが第一条件ですか?

私は繁殖するときの第一条件が健康だと思っています。
そして性格、その次にあまり血が濃くならないためと、好みの容姿を造り出すための血統です。

MIKIさん、今度新しい猫を飼われるときは、それについても考えてみてください。
スコティシュは可愛いです。けれど危険な猫種です。

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

サポーター:業界最大級の獣医師求人 株式会社TYL様のリンクバナー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
◆モバイル◆
獣医師広報板
i-mode,au,soft-bank携帯対応獣医師広報板2D-code
docomo,au,soft-bank
スマートフォン対応
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンク広告募集サポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2019 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。