獣医師広報板ニュース

ネコ掲示板過去発言No.1200-199912-22

猫の瞼が腫れ治りません<12才雌)
投稿日 1999年12月7日(火)23時59分 ネコ大好き

一ヶ月ほど前から右眼の瞼の内側が少し脹れ、翌日には肉腫になるほど大きくなっていました。
獣医さんにみせたところ「めいぼ」と診断されましたが、もらった目薬では良くならず
左眼にも同じ肉腫が瞼の上下に更にできてしまいました。
一週間後、再診したところ「めいぼ」ではなさそうだと言うことで、抗生物質の眼薬に
変えられましたが一向に良くならず、困っています。
 食欲はほとんどなくなり貧血もひどくなりました。血液検査の結果BUN44.6mg/dlPCVは29%WBCは27.800/μl
一週間後にその血液検査はBUN52.6mg/dl PCV22%WBC41800μlと抗生物質を投与したにも関わらず
検査の結果、良くなっていませんでした。現在、ほとんど眼が見えていない様子で、餌は
病院からもらったチューブ入り高栄養食を無理やり注射器にて約1.5ml/日しか
食べさせることが出来ません。水は何とか飲みますが、約10mlほどしか飲みません。
写真ある肉腫からはほとんど膿を出すことはできませんでした。瞼のキズは膿を出そうとした
時に出来た傷です。 家ネコなので外に出ることもありません。 
日ごとに弱っていく姿を見るのがとても辛いです。 
どうか、同じ症状の患畜の症例等をご存知でしたら教えてください。

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

サポーター:業界最大級の獣医師求人 株式会社TYL様のリンクバナー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
◆モバイル◆
獣医師広報板
i-mode,au,soft-bank携帯対応獣医師広報板2D-code
docomo,au,soft-bank
スマートフォン対応
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンク広告募集サポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2019 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。