獣医師広報板ニュース

ネコ掲示板過去発言No.1200-200006-30

赤ちゃんと猫
投稿日 2000年6月4日(日)23時44分 おとら

おとらです。基本的には可能だと思います。私の周りにはそういう家庭が複数あります。
  赤ちゃんを猫から隔離できる部屋を作ってください。
  赤ちゃんと猫と二人きりにはさせないでください。
  ベビーベッドには猫を昇らせないでください。
  今まで以上にこまめに掃除をするようにしてください。
  今まで以上に猫を可愛がりかまってやってください。
猫にとって赤ちゃんはとても興味を引かれる生き物として目に映ると思います。また、ミルクの匂いなども猫にとって気になるモノです。
ただ、今まで自分に注がれていた注目が新参者に移ってしまうことで、猫自体にストレスが掛かり問題行動に繋がっていくことも十分有りますので注意が必要かと思われます。ブラッシングなど、猫とスキンシップを心掛けてください。
赤ちゃんが大きくなって、動き回れるようになると今度は猫のトイレなどに手を出したり、ご飯を食べてしまったりという心配も出てきます。
友人は猫トイレにサークルを回して赤ちゃんが(もう歩きます。)手を出せないようにしています。
その友人はアパート形式の社宅(2DK)でも問題なく暮らしていってますから、そんなに広い住居に移ったりとかの心配もないとは思います。
気負わずゆっくりやってみてください。問題が起きたら、きっと皆がここで相談に乗ってくれますよ。  
  

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

サポーター:業界最大級の獣医師求人 株式会社TYL様のリンクバナー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
◆モバイル◆
獣医師広報板
i-mode,au,soft-bank携帯対応獣医師広報板2D-code
docomo,au,soft-bank
スマートフォン対応
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンク広告募集サポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2019 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。