獣医師広報板ニュース

ネコ掲示板過去発言No.1200-200006-40

re:口内炎
投稿日 2000年6月6日(火)23時30分 みちる

ミロリンさん、こんにちは。うちの子も口内炎で苦しみました。
うちの子は、猫エイズ陽性で、約3才のメスです。

2年前にもらわれてきたときには既に口内炎の症状がでていて、ひどいときには、口から膿や血がでていました。
週に一回くらい、ヨード液(ルゴール)で口内消毒をし、ひどい症状がでたときにだけ抗生物質とステロイド(副腎皮質ホルモン)を少しのませて、落ち着かせていました。
猫も人間と同じで、ステロイドを持続的に投与すると、耐性ができて効かなくなってきます。
次は濃度と頻度を増やす。耐性ができる。増やす、というサイクルに一度はまってしまうとなかなかやめることはできません。
ミロリンさんの猫も、もしかしたらこのサイクルにはまりかけているのかも・・・。
ステロイドは消炎剤としてとても優れていますが、使い方が難しいですよね。

うちの子は、今年になって歯がぐらぐらしはじめ、レントゲンをとったら犬歯の根本の方がすでに溶けてしまっていました。
ちゃんと機能していない歯は、歯垢がたまりやすく、細菌の巣になるだけだということで、すべて抜歯することにしました。
もう歯根が深くないので、全身麻酔はかけず、鎮静のみで簡単に抜けました。
歯がダメになったのを放っておくと、鼻腔と口腔がつながってしまったり、骨髄炎になったりするそうです。

抜歯以来、口内炎はすっかりよくなり、元気にご飯もたべています。
ただし、エイズによる口内炎がまたひどくなったときには、ステロイドを使わずには済まないようですが。

ミロリンさんの子は、歯は大丈夫ですか?

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

サポーター:業界最大級の獣医師求人 株式会社TYL様のリンクバナー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
◆モバイル◆
獣医師広報板
i-mode,au,soft-bank携帯対応獣医師広報板2D-code
docomo,au,soft-bank
スマートフォン対応
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンク広告募集サポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2019 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。