獣医師広報板ニュース

ネコ掲示板過去発言No.1200-200006-94

RE:糖尿について
投稿日 2000年6月20日(火)16時00分 GONTA

猫の場合どうなのかわからないのですが、人間の場合。
あくまでも人間の場合、糖尿病はうまくコントロールしてゆけば天寿をまっとうできる
病気だと聞きます。コントロールできない事で起こるやっかいな事は
色々な合併症、全身至る所に起きます。失明などはよく聞きますよね?
インスリンを注射している人の場合、血中のインスリン濃度が高くなっているとき、
激しい運動をすると、血糖値が下がりすぎて、低血糖発作を起こすこともあります。
でも注射をしないとますます悪くなる一方。。。

猫はだるさが無くなったら、走り回ることがあるかもしれませんが、かといって
むやみに激しく遊んでしまうような事へと刺激しない方がよいのでは?
人間ならばこれらのことを理解して、治療に望めますが猫にこれらを期待するのは
難しいでしょう、だから飼い主がコントロールするしか無いですよね?

ケージ飼いの経験が無いから、何とも言えない立場ですが、いつも関心を寄せて
愛情をそそいでいればケージの生活も慣れてくるのではないでしょうか?
遊びたい盛りに発病するなんて、つらいですね。。。
でも「それなり」の幸せを見つけて、穏やかに暮らしていけるといいですね。

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

サポーター:業界最大級の獣医師求人 株式会社TYL様のリンクバナー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
◆モバイル◆
獣医師広報板
i-mode,au,soft-bank携帯対応獣医師広報板2D-code
docomo,au,soft-bank
スマートフォン対応
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンク広告募集サポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2019 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。