獣医師広報板ニュース

ネコ掲示板過去発言No.1200-200008-15

寄生虫について。
投稿日 2000年8月6日(日)02時10分 ぷりん

リンさんへ。

私も、最近拾った子猫(4匹 生後2.5ヶ月位)から、毎日のように虫が出るようになり、
それも、便にだけではなく、遊んでいるときも、肛門から出てくるようになり、
ビビリまくっていました。
(強烈な話ですみません。)

私たち家族の勝手な判断で、猫回虫だろうということになり、
ペットショップで購入した回虫用虫下しを飲ませたんですが、あまり効果が見られなく、
これ以上、素人判断であれこれするのはマズイと思い、獣医さんに連れて行きました。

実は、リンさんの書き込みにあった、瓜実条虫ということばがキーワードとなりました。
条虫であれば、100%素人では駆除は不可能です。
あと、これは、のちにわかったことですが、
よくある売薬では、回虫にもほとんど効果はないです。
回虫など、薬を売っていれば、つい手軽に済ませれるような気がしてしまうんですね。
(↑あさはか、、、。)

そして、病院に行くときに、できれば、便も採取して持ってくるようにいわれ、そうしました。

先住猫(2匹)にも感染している可能性もあるかもと思い、
全部で、5匹(1匹は、3日前にすでに里子に出していた。)を車に乗せて、病院へ!
つぎつぎに、薬を手際よく飲ましてもらい、帰宅。

全部で、8 000円足らずでした。
初診料に、室内外ですが、一応、ノミ駆除料(首筋に塗るタイプ)、
ついでに先住猫の爪切り(なかなか、切らせてくれないので。)もしてもらってです。

この虫はいったい何だろう!!と悩んだ日々、
出てくる虫におびえた日々(←気持ち悪かった。。。)を考えると、破格(安い!)と思います。

もっと、早く連れていけばよかったです。

でも、なかなか連れていけなかったのは、理由があって、
大きな声では言えませんが、私の住んでいるところは、ペット禁止のマンションなんです。
どの子も、捨てられていたのですが、どうしても見捨てられず、拾ってしまったのです。
(幸い、防音がいいので、部屋の声はほとんど外にもれないので、助かっています。)

拾ったとき、すでに前の拾いっ子で、里親が見つからなかった子が、2匹いました。
その上に4匹も拾って、、、、
そんな状況下、昼間、誰にも見とがめられず、全員を車に積み込むのは至難の業で、
連れて行きにくかったというわけです。

いろんな状況があると思いますが、
リンさんも、できるだけ早く、病院に連れて行かれた方がいいと思います。
これが、経験者である私から(←ちょっと頼りないですが。)のアドバイスです。

あと、後日談があります。
投薬した、その数時間後。。。。。出たんです!
強烈でした。みんながみんなそうでないかもしれませんが、、、
とにかく、強烈でした。
投薬後の排便には、注意しておいた方がいいですよ。
程度にもよると思うんですが、出ますよ! きっと。

もし、強烈なのが出てもたえれるように、
心構えと手元にティッシュを用意しておいた方がいいです。
(おどすわけではありませんが、私は、頭がクラクラしました。)

あまり強烈なので、ここに書くのは控えます。
もし、詳しい状況を知られたければ、メールアドレスを書いておきますので、
メールください。
詳しくお知らせします。(さすがに画像はありませんが。。。)

最初に出てきたのは、条虫です。(間違いない。)
その後の排便で、今度は、回虫(たぶん)が出ました。
(↑ちょっとよくわかんないんですが、条虫ではなかったです。形態から言って、回虫みたい。)

売薬では、まったく出なかった回虫らしき虫も、
獣医さんの投薬で、出たというわけです。

ちょっと、長くなりましたが、そんなわけで、リンさんに読んでもらいたくて、
書き込みをしました。
参考になれば、幸いです。

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

サポーター:業界最大級の獣医師求人 株式会社TYL様のリンクバナー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
◆モバイル◆
獣医師広報板
i-mode,au,soft-bank携帯対応獣医師広報板2D-code
docomo,au,soft-bank
スマートフォン対応
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンク広告募集サポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2019 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。