獣医師広報板ニュース

ネコ掲示板過去発言No.1200-200101-56

>避妊手術について
投稿日 2001年1月26日(金)01時58分 NOK

5歳になる熟女にゃんこと暮らしています。
人間である私と彼女の年齢は、今ちょうど同じくらいだそうですが、
果たして私が熟女かどーかは???

避妊手術の時期や入院の日数などは、獣医さんの考え方によって何通りかの見解があるようです。
意見交換のコーナーに何度ものぼっていた話題ですので、発言集で探してみてくださいね。
入院の日数は、(都内の病院に電話しまくって避妊手術の入院日数と費用を聞いたことがあるのですが)女のこならやはり一泊のところが多いようです。
このごろは、麻酔からの覚醒を確認したら、当日退院の場合も増えつつあるように思います。
中には抜糸まで7泊入院というところもありましたが、知る限りの猫飼いさんで、1週間の入院を勧める人はいませんでした。
「避妊で1週間も病院にいたらノイローゼになりそう」と思うのは私だけではないようです。
我が家のにゃんこも一泊でしたが、退院時には、エリザベスカラーもサポーターもつけていませんでした。
当日退院なら、お迎えに行った時は、ちゃんと麻酔が覚めて意識がしっかりしていることだけは確認してから、つれて帰ってあげてくださいね。
それから、もしなにか様態の変化があったら、すぐ相談できるよう当夜だけは獣医さんに連絡がとれるようにお願いしておくこと。
術後のケアについては…人間と一緒です。その猫ちゃんの安心するような、望む環境を作ってあげてください。
初めての痛みにおびえて、ひとり静かに暗いところで休んでいたいこもいるでしょう。
初めての人であっても、人間にひっついて甘えて甘えて安心するこもいるでしょう。
無責任な言い方ですが、ほんと猫も性格が様々なのです。
あなたが盲腸かなにかで手術したと考えてみてください。当日はどうしていたいでしょうね。
私だったら…あまり大きな音を立てないよう周りは静かにしてて欲しい。
少し薄くらいなかで、肌ざわりのよい毛布に包まれて、温かく眠っていたい。
あまり、あれこれとしょっちゅうかまわれたくない。かといって誰も気配がしないのは寂しい。
うつらうつらして、目が覚めたときに後姿が目に入るくらいのかまわれ方がいいかな…。

それから、心配はよ〜くわかりますが、あんまりこちらが、心配しているようすを感じさせないようにしましょう。
よけい不安がるからね。「だいじょうぶ、私がついてるよ」って、落ち着いて見守ってあげててくださいね。

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

サポーター:業界最大級の獣医師求人 株式会社TYL様のリンクバナー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
◆モバイル◆
獣医師広報板
i-mode,au,soft-bank携帯対応獣医師広報板2D-code
docomo,au,soft-bank
スマートフォン対応
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンク広告募集サポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2019 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。