獣医師広報板ニュース

ネコ掲示板過去発言No.1200-200107-53

病気猫との接し方
投稿日 2001年7月9日(月)21時48分 アルテミス

実は・・バルボもコロナもウチはないので病気のことは詳しくはしりません。
ウチはFIV感染猫と隔離無し、同居ちゅうとんでもない事をしてましたが・・
ウチのクロノスの闘病記を呼んで下さった方、同じように出来るとは
考えないで頂きたい^^;;;
あれは・・全ての条件が揃って出来たこと、特殊なケースでしょう。
まず、先住猫が最初から誰も怒らなかった事、ヤツラも拾った猫も非常に
年で^^;;;喧嘩もベタベタした接触がなく、適度な距離を保って、
静かに共存した事が出来たからですわ。
若い喧嘩っ早い猫どおしなら無理でしょうな・・

ウチの知り合いで、バルボの猫と知らずに拾い、一緒に生活していたのに
感染せず先住猫はあれから10年元気で今もいるって人もおります。
これも単にラッキーな例かもしれんけどね。 

もし、ウチなら・・獣医さんがほぼ治ったから引き取ってくれと
言われたら引き取るかもわからん。 

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

サポーター:業界最大級の獣医師求人 株式会社TYL様のリンクバナー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
◆モバイル◆
獣医師広報板
i-mode,au,soft-bank携帯対応獣医師広報板2D-code
docomo,au,soft-bank
スマートフォン対応
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンク広告募集サポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2019 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。