獣医師広報板ニュース

ネコ掲示板過去発言No.1200-200107-66

はじめまして。
投稿日 2001年7月12日(木)16時17分 うに

こんにちは。猫のことをいろいろと調べていたら、このHPにたどり着きました。
実は今日、うちの猫が「伝染性腹膜炎」と診断されてしまいました。

4月の半ばに拾った猫で、飼い始めてすぐに獣医さんで検便と血液検査を受け、健康であることが分かりました。
その後妊娠していることがわかり、5月末に仔猫を5匹産み、1匹はダメだったのですが、残りの4匹は元気に育っています。
親猫は2週間ほど前から発熱と下痢で獣医さんにかかりました。
始めの診断はカルシウム不足ということでした。
それでカルシウム剤を毎日飲ませたり、点滴や注射を数日後とにうけましたがよくならず、おなかが膨らんできたのです。
昨日一日入院させて詳しい検査を受け、おなかの水も注射器で抜いてもらいました。
レントゲンでは腸の周りに水が溜まっているそうです。
(1週間ほど前のレントゲンでは胃にガスが溜まっているということだったのに)
今日、かかりつけの獣医さんの話を聞くと、「後数週間か数ヶ月」だそうです。
おまけに子猫たちにもほぼ間違いなく感染しているからいずれは……とのこと。
獣医さんは「感染したら100%発病する」というのですが、私がネットで調べてみると、たいていのHPには
「感染しても発病するのは少ない」と書かれています。
この病気について、詳しい方がいらっしゃったら、どんなことでもいいので教えてください。
飼い主に何かできる事があるでしょうか?
仔猫はどうなるのでしょうか。
すみません、よろしくお願いします。

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

サポーター:業界最大級の獣医師求人 株式会社TYL様のリンクバナー

サポーター:ふぅ動物病院様のリンクバナー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
◆モバイル◆
獣医師広報板
i-mode,au,soft-bank携帯対応獣医師広報板2D-code
docomo,au,soft-bank
スマートフォン対応
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンク広告募集サポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2019 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。